販促(販売促進)の効果的なアイデア・事例を紹介!

マーケティング

INDEX

企業や店舗における集客力を高めて売上向上を図るためには販売促進活動を行なうことが大切です。しかし、販売促進といっても様々な方法があるため、どのように施策を考え実施したらよいかわからないといった方も少なくないようです。

そこで当記事では販売促進活動実施で期待できる効果を高めるために、販売促進の概要や事例、アイデアなどを解説します。

販売促進(販促)とは?

販売促進とは販促とも略され、生活者の購買意欲に働きかけて集客し、購入客を増やすためにアプローチする活動のことを指します。中には販売促進をセールスプロモーションと呼ぶ場合もありますが、同義語として扱っても間違いではありません。

販売促進とマーケティングの違いとは?

同じような意味を持つ言葉にマーケティングもありますが、両者も同義語として扱っても問題はないのでしょうか?

実は販売促進とマーケティングを混同している人もいますが、活動の対象という点で異なっています。

マーケティングは生活者(または生活者の購買行動)を対象とした活動で、生活者が商品やサービスを購入する理由を調査するということに焦点を当てています。

一方、販売促進は商品やサービスを対象とした活動でヒトではなくモノ・コトに焦点を当てた戦略、アイデアとして区別されています。

そのため、マーケティングの中に販売促進が含まれていると考えてよいでしょう。

販売促進のアイデア

販売促進には様々な手法があります。ここではオフラインとオンラインで販売促進のアイデアを分けて解説します。

オフラインの販促アイデア


新聞、雑誌広告


新聞媒体は古くから存在するため高齢者を中心に接触されており、信頼性に優れている点が特徴といえます。そのため、企業や店舗、商品・サービスの信頼性を高めていこうと考えている場合、有効な手段となります。
ただし、全国紙と地方紙では購読者数が異なり、それに伴って広告料金も違います。
また、雑誌は扱うテーマによって専門性が違うため、雑誌と合致した広告を掲載できれば効果的といえます。

DM(ダイレクトメール)


DMはパンフレットやクーポン、特典を同封すると開封率が上がります。DMはマスに対して配布するのではなく、ターゲットをセグメントして配布するとレスポンス率も向上します。

チラシ(新聞折り込み、ポスティングなど)


チラシは、オフラインの販促アイデアとしては企業規模に関わらず、手軽に実施できる点が特徴といえます。
ネット印刷などで安価で印刷することも可能で、対象エリアを絞れば低予算で集客することもできます。

イベント


紙媒体や電波媒体、後述するオンラインとは異なり、イベントは対面で生活者と接することができるため、関係づくりやイメージアップを図る販促として有効です。
また、参加者同士の交流も促すことができれば、SNSを通じて参加者が発信、さらに拡散にもつながるため、あらたな顧客創出の場としても期待できます。

看板、のぼり、屋外広告


看板やのぼり、屋外広告や交通広告は設置場所や使用によってコストも変わります。例えば交通量が多く、歩行者も多い場所はそれだけ人の目に触れる機会が多いため、媒体使用料は高額になります。

パブリシティ


パブリシティとはパブリック・リレーションズの略でニュース扱いとして報道されるため、媒体使用料が無料になります。プレスリリースも同義語として捉えてよいでしょう。
パブリシティ案件は営利目的ではなく公共性があるかどうかを報道機関がジャッジするため、ニュースとして扱われると信頼性が高まります。
なお、ニュース仕立てとしてコストが発生するペイドパブリシティという販促手法もあります。

オンラインの販促アイデア


ホームページ、SNS、ブログ


インターネット普及後の生活者の購買行動には、購入前に「検索」が、購買後に「共有・共感」といった段階が加わりました。
商品やサービスに対して興味・関心のある生活者は他社との比較のため、様々な情報を検索します。また、商品・サービス購入後、魅力を感じると他者へ情報発信し、やがて共感を生み、新たな顧客を生み出します。
特に検索の受け皿として、ホームページ、SNS、ブログは企業や店舗において必要不可欠な販促手段となっています。

メルマガ、アプリ


メルマガやアプリは見込み客やユーザーに登録してもらう必要はありますが、新商品やサービスといった情報を提供し、継続的にアプローチすることで優良客育成の効果的な手段となり得ます。
特にメルマガの場合はクリック率や開封率を測定することが可能なので、どんな情報をどんな人々に送ったときにレスポンス率が高いか(あるいは低いか)が明確なので、改善を繰り返し行なうことができます。
また、アプリの中には顧客管理や分析機能が付いているものもあるため、こうしたアプリを活用すると効果的なアプローチを実現することができます。

ネット広告(リスティング、リマーケティング、アフィリエイト)


リスティング広告はweb検索したときに検索結果とともに表示される広告で、企業や店舗側は見込み客やユーザーが検索するであろうキーワードを事前に設定しておく必要があります。
リマーケティングはホームページへの訪問者に再度アプローチする手法で、提携サイトに自社の広告が表示されます。
アフィリエイトはその広告で見込み客やユーザーが商品やサービスを購入、または会員登録や資料請求などを行なった際に初めて費用が発生するため、費用対効果は高いといえます。

販促アイデア事例3選

「販促事例を参考にして、自社での販促施策に応用させたい」そんな方々のために具体的な事例をご紹介します。

家具の定額サービス


様々な業界で「サブスク」導入が進められています。サブスクとはサブスクリプションの略で、定額料金を支払って利用するサービスやコンテンツのことです。
ある家具店では月額800円から利用できる定額サービスを導入しました。これは必要なモノを必要な期間だけ利用するといった生活者のモノへの新たな価値観がその背景にあります。
顧客は1~4年までの4プランから選択でき、期間終了後は契約延長、買い取り、返却といった使い道も選ぶことができ、時代に合ったサービスと多くの人から共感を集めています。

アプリ活用で店舗の混雑状況がわかるサービス


アパレルショップを展開するある企業では、公式アプリに登録すると各店舗の混雑状況がわかるサービスを開始しました。コロナ禍での感染対策として、店舗の混雑状況を事前に把握したいとの生活者の気持ちに配慮して誕生しました。
15分ごとに更新され、安心してショッピングを楽しんでもらいたいといった企業の想いも伝わるサービスです。

メールを使用したユニークな販促アイデア


高級婦人用下着を販売するある企業では、女性が彼氏や夫におねだりする企画を立てました。ある日突然好きな女性から「高級下着のおねだりメール」が届き、メールに案内されている購入ボタンを男性が押すと商品が女性にプレゼントされるといったユニークな仕組みです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY