自社ECサイトとECモールのどちらに出店すべきか悩んだ時の3つのポイントを解説

EC構築・集客 EC構築・集客

INDEX

「自社サイトを構築すべきか、モールに出店すべきか、それが問題だ」

「収益性が高いのは自社サイトだと思うが、本当か?」

「モールに出店すれば集客は安心だから、やはりモールの方が良いのか?」

ECサイトを立ち上げる際、自社ECサイトとECモールのどちらにすべきか、悩む場合は本当に悩みます。

どちらにも出店できればそれに越したことはないのでしょうが、社内リソース的にそれは厳しい場合もあります。

そうなると、せっかく出店するのだから、より収益性の高い方を選択したい。

 

この記事では、自社ECサイトとECモールのどちらにすべきか、徹底的に解説してみようと思います。

  • これからECサイトを立ち上げる

  • すでに片方へ出店していて、もう片方への出店も検討している


このような方に読んでいただけると、お役に立てるのではないかと思います。

自社ECサイトとECモールのどちらに出店すべき?

自社ECサイトとECモールのどちらにすべきかは、3つのポイントで判断すると良いでしょう。

3つのポイントとは以下になります。

  1. ブランド知名度で判断する

  2. 商材軸で判断する

  3. 顧客情報の活用方法で判断する


順番に見ていきましょう。

1. ブランドの知名度で判断する


自社のブランドが有名で知名度が高ければ、自社ECサイトが良いでしょう。

理由は、集客力を自社のブランドで確保できるからです。

自社のブランド認知度が高ければ、お客様はブランド名で検索をします。その結果、自社のサイトを見つけてもらい、お客様が来店されます。

一方で、自社ブランドの知名度が低い場合、ECモールサイトへまずは出店してみるのが良いでしょう。

ECモールサイトで知名度を高め、その後自社ECサイトを立ち上げるという方法もあります。ECモールへの出店には手数料等がかかりますが、自社ECを立ち上げる場合に比べて初期費用は抑えることができます。

2. 商材軸で判断する


自社の商材軸で、自社ECサイトとECモールのどちらにすべきか判断することもできます。

たとえば自社商品が下記のような場合。

  • 目的買い

  • ついで買いや衝動買い


どちらに属するかによって、出店先を検討してみましょう。

目的買いをねらう場合


お客様が品名や型番などで検索するため、自社サイトへ直接来店される可能性が高まります。

商品のオリジナル性が高ければ、あえて自社サイトだけで販売し、限定感を出すと良いでしょう。

ただし、目的買いであっても、専門用品だけを扱うECモールサイトには出店を検討しても良いでしょう。理由は、比較をしたいと考えるお客様ニーズに対応するためです。

たとえば、業務用に使う工具を扱っている場合、お客様は他社と規格や納期、価格を比較して購入したいと考えるでしょう。

最初に自社サイトに訪れたとしても、よほどのリピーターでない限り、比較検討をせずに購入するとは考えにくいものです。

そのため、ECモールサイトへ出店し、集客の間口を広げておく。同時に、自社サイトのみの限定価格を設定。モールで比較検討をしたお客様に購入していただけるように設計しておくと良いでしょう。

ついで買いや衝動買いをねらう場合


自社の商品がついで買いや衝動買いをねらった商品であれば、まずはECモールサイトへ出店することをおすすめします。

理由は、何かの商品を買いに来たお客様へアプローチできるからです。

ECモールサイトがポイント倍増キャンペーンなどの販売促進を行なうと、モール全体の集客が増えます。その際に、モール内の広告で露出をかけておき、来店していただく用意を進めておくと良いでしょう。

また、自社が贈答品を扱う場合も、ECモールサイトへの出店を検討してみましょう。

贈答品は、誰かに贈ることと時期は決まっているものの、何を贈るかが決まっていない場合が多いです。

たとえば、母の日に何かを贈りたい。けれども、贈るものが決まっていない場合、潜在顧客は「母の日 プレゼント」と検索して商品を探します。多くの商品を一度に比較検討できるECモールサイトを選ぶ可能性が高いのです。

ブランド力が高くない商品や店舗であっても、モール内の広告や検索対策を行うことで、お客様にアプローチすることが可能です。

3. 顧客情報の活用方法で判断する


販売を通じて獲得した顧客情報の活用方法で、自社ECサイトとECモールのどちらにすべきかを判断しても良いでしょう。

自社ECサイトでは、顧客情報を自由に活用できます。メルマガやDMの送付などはお客様の同意を得れば、店舗側が考えるタイミングで実施が可能です。

一方、ECモールサイトではメルマガの送付に料金が発生する場合があります。

また、商品の問い合わせや発送以外で、直接お客様にセールスの案内を禁止しているサイトがあります。

顧客情報を自由に活用したい場合は自社ECサイトが良いでしょう。

自社ECサイトとECモールの違い

3つの視点を踏まえて、どちらに出店すべきか判断できそうでしょうか?

まだ迷っている場合、自社ECサイトとECモールの違いを深堀してみましょう。

自社ECサイトを路面店。ECモールをショッピングセンターに出店すると考えてみると、違いがわかりやすくなります。












































自社ECサイト ECモール
出店場所 路面店 ショッピングセンター
出店場所(ドメイン) 独自ドメイン 店名のみ選定可能
店舗デザイン 自由に表現できる 決められた範囲内で自由
決済方法 自由に選定できる 指定ありの場合が多い
顧客情報 自由に活用できる ECモールの許可が必要
売上手数料 なし 売上額に応じて課金
集客 自力で実施 モール全体の集客


出店するECモールによって条件は異なりますが、自社ECサイトと比較すると、このような違いがあります。

自社の状況によって、どちらに出店すべきかを考えてみましょう。

なお、集客については注意が必要です。

ECモールではポイントを倍増させるなどの集客施策を定期的に実施していますが、自社にお客様が勝手に訪れてくれる訳ではありません。

モール全体に来店されるお客様は確かに増えますが、モールから自社への集客は、店舗独自で行う必要があります。

モール内での検索対策やリスティングやディスプレイ広告が必要となるため、結局は自社ECサイトと同じように集客が必要なのです。

自社ECのメリット

ここからは、自社ECサイトのメリット・デメリットを押さえておきましょう。

自社ECサイトを立ち上げるメリットは3つあります。

  1. 収益性が高い

  2. デザインの自由度が高い

  3. 顧客情報の活用ができる


順番に見ていきましょう。

1. 収益性が高い


自社ECサイトはECモールと比較すると、固定費が低く、収益性が高くなります。

ECモールに出店した場合、出店手数料やシステム利用料、売上に対する費用などが発生します。

一方、自社ECサイトを運営する場合は、カートシステムやサーバー代、クレジットカードなどの決済手数料は発生するものの、売上に対する手数料はかかりません。

固定費、変動費ともに、自社ECサイトを運営した方が経費はかからず、収益性が高まります。

2. デザインの自由度が高い


自社ECサイトはデザインの自由度が高いのが特徴です。

サイトをゼロから作成するフルスクラッチ型はスキルが必要ですが、思い描いたサイト作成が可能になります。初期費用はかかりますが、規模の大きなECをお考えの場合はフルスクラッチでの構築を検討しましょう。

また、様々なテンプレートからデザインを選び設定するASPを利用した場合でも、自由度が高い自社ECサイトを作成できます。

一方、ECモールは統一感を出すためにサイト設計やデザインが決まっており、定められた範囲内でのデザイン表現となります。

また、ECモールでは商品をカートに入れた後の決済画面は、モール全体で統一されています。店舗独自の表現方法は認められず、ここからも自社ECサイトの自由度が高いと言えるでしょう。

3. 顧客情報の活用ができる


自社ECサイトであれば、顧客情報の活用が自由にできます。

商品を販売することで、お客様の住所やメールアドレスなどの顧客情報を得られます。自社ECサイトで得た顧客情報は、お客様の同意の元、メルマガやDMの送付で活用できます。

一方、ECモールで販売を通じて獲得した顧客情報は、基本的にECモールが管理します。メルマガを送付する場合は手数料を課金するモールや、個別にカタログなどのDM送付を禁止している場合があります。

そのため、販売を通じて得た顧客情報を自由に活用できるのは、自社ECサイトを運営しているメリットと言えるでしょう。

自社ECのデメリット

ここからは、自社ECサイトのデメリットを解説します。

  1. 集客に工夫が必要

  2. 自社ECサイトで買う理由が必要

  3. メンテナンスが必須


順番に見ていきましょう。

1. 集客に工夫が必要


自社ECサイトは、自分で集客しなければなりません。

集客方法として、

  • SEO、コンテンツSEOなどの検索対策の実施

  • リスティングやディスプレイ広告の露出

  • リピーター様へのメルマガやDM送付

  • SNSによる情報発信

  • 商品の同梱物によるサイトへの送客


このように、お客様を自社ECサイトへ来店していただくための集客が必要です。

特に、ブランド力や知名度が低い商品を扱っている場合、数多くのネットショップから自社を探し出してもらう工夫が必要です。

集客についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

ぜひ参考にしてください。

2. 自社ECサイトで買う理由が必要


ECモールサイトでは、ポイントの倍増や送料が無料になるキャンペーンが行われます。商品の魅力以外にお客様を惹きつける要素となるため、購買動機につながります。

一方、自社ECサイトでは、ECモールサイトよりも優れた魅力をお客様に伝える必要があります。

たとえば、

  • 自社ECサイトでしか買えない限定品の発売

  • 注文からすぐに届くサービス

  • 先行予約品などの情報がいち早く届く


このように、自社ECサイトで買っていただくための特典を用意し、お客様をひきつけます。

ECモールではなく、自社ECサイトから買ってくださっているお客様が、何を求めているのかを考えてみましょう。

なお、自社ECサイトの成功方法を詳しく解説した記事がこちらです。

ぜひ合わせて読んでみてください。

3. メンテナンスが必須


自社ECサイトを日々メンテナンスし、買いやすい自社ECサイトにする必要があります。

自社サイトをフルスクラッチ型で作った場合はもちろんのこと、ASPを利用して自社ECサイトを構築した場合でも、メンテナンスが必要です。

ASPであれば新しいサービスがリリースされるため、情報をキャッチし自社ECサイトへ反映させましょう。

なお、ECサイトに求められる機能はこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

自社ECサイトとECモールのどちらに出店すべきか迷った場合、判断するための3つのポイントと、自社ECサイトのメリットデメリットについて解説しました。

自社ECサイト、ECモールにはそれぞれ特徴があり、自社の状況にあった出店方法を選定しましょう。

とはいえ、どちらに出店して良いかそれでも迷ってしまう場合、プロからのアドバイスを受けることも検討してみましょう。

サックルでは、あなたのECサイトに応じた出店方法や、出店後の店舗運営についてのサポートを包括的に支援します。集客のための施策に加え、ECサイトの制作、規模の大きなフルスクラッチのECシステムの構築までワンストップで対応可能ですのでぜひお気軽にお問い合わせください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

ユーザーの購買意欲を刺激するECサイト構築

非対面の新たなチャネルで収益を拡大 条件不問のビジネスモデルへ進化する

開発、デザイン、マーケティングのそれぞれのスペシャリストが売れるECサイトを構築。
「売れる」ノウハウを総動員して収益向上に貢献。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

「サックルのECサイト構築」を詳しく見る

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY