ネットショップの開業で成功する5つのポイント

マーケティング

INDEX

ネットショップを開業したけれども、なかなか売上があがらない。商品に自信があるからこそ、悩んでしまっていませんか?

  • どのように売上対策をして良いかわからない

  • 教科書的なことではなく、具体的なコツを掴みたい

  • すぐにでも使えるポイントが知りたい


本記事は、このような悩みを解決する記事です。

ネットショップを開業しても売上が伸び悩んでいる店長にこそ、読んでいただきたい内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

ネットショップの開業で成功する5つのポイント

ネットショップ開業後、どうすれば売上や利益があがり、成功するのでしょうか?

ポイントは5つあります。

  1. 店名と商品名を覚えていただく

  2. 売上の柱となる商品を作る

  3. 接客力を高める

  4. 集客の工夫をする

  5. 即日出荷を行う


順番に見ていきましょう。

1. 店名と商品名を覚えていただく


お客様は、あなたのお店の名前や商品名を覚えているでしょうか?

覚えていただけるお客様が増えれば、あなたのお店の売上があがります。

理由は、最初に思い浮かぶブランドである第一想起に自社が入れば、指名買いが増えるからです。

お客様が何かを買おうと思った時に、頭に思い浮かぶ選択肢を想起集合と呼びます。

その中で、最初に思い浮かぶブランドである第一想起に、あなたのお店が選ばれるようにしましょう。

特に、楽天などのショッピングモールに出店している場合、お客様は楽天から買ったと認識するでしょう。あなたのお店から買ったことを、最初は認識しないのです。

あなたの商品にお客様が満足し、より深く知りたいと思った時がスタートです。

Webページに加え、メルマガや同梱物などで商品やお店を知っていただくように努力していきましょう。

2. 売上の柱となる商品を作る


売上の柱となる商品を作り、

「この商品なら、◯◯のお店(あなたのお店)」

このように言われるくらい、販売を通じて徐々に認知度を高めていきましょう。

販売数を伸ばすためには、商品力を高める必要があります。

そのためには以下のことを考える必要があります。

  • 競合する商品と比較してメリットがあるか

  • お客様のベネフィットがイメージできるか


ここで、メリットとベネフィットの違いを押さえておきましょう。

メリット:主語が商品

ベネフィット:主語がお客様

具体例を挙げて解説します。

たとえば、あなたがスマホを売るお店だとします。スマホを販売する時に、

  • 画素数が向上し、画面が美しくなった

  • 写真を保存しておけるデータ容量が増えた


このように、商品の機能が向上したメリットだけを説明していませんか?

機能の説明は競合する商品との差別化や、旧モデルとの違いを説明するために必要。

しかし、メリットの説明ばかりではお客様の心が動きません。心を動かすにはベネフィットの提示が重要です。

ベネフィットは主語がお客様。

あなたの商品を購入したら、何が良くなるのかをイメージさせましょう。

たとえば、孫がいる祖父母におけるスマホのベネフィットは、

  • 孫とTV電話が簡単にできる



  • 写真がすぐに送られてくる

  • いつでも写真の印刷ができる


このように、孫と会話ができる環境がベネフィット。

接客を通じてベネフィットを伝えましょう。

なお、メリットとベネフィットはどちらも商品に欠かせない要素です。

販売している商品を売上の柱とすべく、どちらも説明できるようにしておきましょう。

接客力を高める


ネットショップで売上を上げるには、接客が重要です。

理由は、接客がお客様の満足度を高め、リピート率を高める要素だからです。

ネットショップの接客は商品ページに加え、メールやチャットなどで接客を行います。

たとえば、

  • 商品の購入前のお問い合わせに答える

  • 商品を購入後のお礼や発送連絡をする

  • 到着後の品質確認とレビューを促す

  • リピートに向けての他商品を案内する


このように、接客は商品の購入前から購入後まで続きます。商品を売ったら終わりではないのです。

接客力を高めるために、現時点でお客様に送付しているメールを全て印刷してみましょう。印刷後、5つのポイントをチェックしてください。

  1. 店舗名を覚えていただけるよう、工夫されているか

  2. 購入した商品を、正しく利用できる情報があるか

  3. ご不満があった時に、スムーズに問い合わせができるか

  4. お届け日時、支払い方法などの確認ができるか

  5. 店舗で扱っている他の商品について、案内があるか


いずれもお客様が満足し、リピートしたくなるために必要な要素です。チェック後にメール文章を見直してみましょう。

集客の工夫をする


集客は広告費をかけて集めるもの。そう思っていませんか?

広告費をかけて、新しいお客様に知っていただく行動は必要です。しかし、広告費を投入する前に、集客を工夫してみましょう。

工夫すべき点は、お客様とのタッチポイント(お店がお客様と接する機会)を増やすことです。

たとえば、商品を入れる外装箱(ダンボール)において、

  • 店舗名やロゴが表示されている

  • 店舗名が入った検索窓が商品パッケージに印字されている


ダンボールを開けた時の同梱物に、

  • お店の紹介が詳しく書いている

  • 扱っている他の商品が掲載されている

  • 他の人に話したくなる情報が入っている


商品パッケージに、

  • 店舗名やロゴが表示されている

  • QRコードが表示されている


このように、お客様が自社商品に関して触れる点は、すべてタッチポイントです。

特に、商品をお届けした箱は、開封率が100%のメルマガと表現して良いでしょう。そのため、同梱物や商品に工夫を凝らし、集客につなげましょう。

なお、Web集客についてはこちらの記事で詳しく解説しています。タッチポイントを整備した後に、取り組んでみましょう。

即日出荷を行う


注文後、お客様へ商品をすぐに届けるために、即日もしくは翌日出荷を実施しましょう。

理由は、お客様にとって商品がすぐに届くのが当たり前だからです。

「当社は九州にあるから、北海道にはすぐに届かないよ」

このように、配送先によってはすぐに届かない場合があるでしょう。

しかし、届かないことはお店側の事情なのです。

Amazonプライムに代表されるように、お客様は商品がすぐに届くサービスを体験済み。お客様からするとすぐに届くのが基準であり、そこから外れたあなたの商品は、相対的に対応が遅い企業とみなされてしまうのです。

そのため、

  • 注文を受けてからの受注処理を早くする

  • 在庫管理を行い、売り越しや在庫切れをなくす

  • 出荷作業を早くするために、梱包形態を見直す


いち早く商品をお届けするために、改善を進めていきましょう。

まとめ

本記事では、ネットショップ開業で成功する5つのコツを解説しました。

お客様のベネフィットにつながる商品を用意し、接客や迅速な配送を通じて、リピートしていただけるお店にして行きましょう。

とはいえ、ネットショップの運営は難しく、行き詰まってしまうかもしれません。

そのような時は、私たちサックルにお気軽にご相談ください。Web制作やSEO対策など、店舗運営における様々な局面でのサポートをワンストップでご提供いたします。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY