マーケティングとは?を簡単に 内容と種類をわかりやすく解説

マーケティング

INDEX

企業が商品やサービスを販売する上で非常に重要なのがマーケティングです。マーケティングでビジネスの成功が決まってしまうといっても言い過ぎではないからです。しかし、マーケティングについてその内容を簡単に説明できる人はそれほど多くはありません。

そこで当記事ではマーケティングの基本概念や種類、戦略などを詳しく解説していきます。

マーケティングとは?

公益社団法人日本マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」と定義しています。

これを敷衍して簡単にわかりやすく言い換えると、「企業が商品・サービスなどを効率的に売るための仕組み」さらに、「営業をしなくても商品・サービスが自然と売れる仕組みづくり」となります。

顧客に対し無理に購入を促進しなくても、顧客側から自然と買いたくなるよう心を動かすには、顧客のニーズ&ウォンツをおさえた商品・サービスセグメントされたターゲットに合わせて継続的にアプローチしていくことが大切です。そのためには商品開発や販売戦略、販促における検証まで、しっかり計画を立てながら実践し管理しなければなりません。

つまり、これが先に述べた「効率的に売るための仕組み」であり、「自然と売れる仕組みづくり」なのです。

マーケティングで行なうこととは?

商品・サービスの価値を生活者に伝える


商品やサービスを購入する顧客は、まずそれらを「知る」「認知する」ところからスタートします。そのため、企業側がどんなにその商品・サービスを「すばらしい出来栄えだ」と思っていても、生活者にしっかり伝えなければただの自画自賛に終わってしまいます。そして、しっかり伝えるためには、そのメッセージも顧客のニーズ&ウォンツを満たすものでなければなりません。

売れる仕組みと方法を考え実行する


世の中のヒット商品や人気の高いサービスには、「価値を伝えて集客し、提供する。そして魅力が顧客から発信され拡散されて新たな顧客を生む」といった好循環、つまり「売れる仕組み」ができています。
そのため、例えば集客にはどのような手法や媒体を利用するのか、商品・サービスはどこでどのような方法で提供するのか、顧客にSNSなどで発信してもらうにはどんな仕掛けをしなければならないのかなどを段階に分けて考察していかなければなりません。

同業他社などの競合分析を行ない、対策を立てる


顧客は商品やサービスを購入する際、他の商品やサービスも検索し、比較検討して自分の欲求を満たすものを購入します。そのため、競合他社の動向を分析しながら自社の優位性を探り、差別化を図ることができなければ市場での生き残りができなくなります。
市場調査やアンケート調査などしっかり行いながら検証し、対策を立てることが重要になります。
さらに、自社視点、競合視点ばかりでなく、どれだけ顧客視点に立って考えられるかが成功のカギを握ります。

新規顧客を獲得し、既存客の顧客満足度を高めるための戦略を考える


顧客の一人ひとりが異なる価値観を持っているため、よりたくさんの顧客を獲得するためにはそれぞれの顧客に合ったメッセージとアプローチが必要になります。また、新規顧客を獲得した後はリピート客や優良客となるよう育成が必要です。
顧客が離脱しないためには自社に対する信頼感や安心感を与えなければなりません。例えば新規顧客には購入後も徹底してアフターフォローを行なう、また優良客には特別に商品の先行受付を開始するなど、顧客の獲得や育成には知恵と実行力が必要になります。

マーケティングの基本的な手法とは?

市場調査(マーケティングリサーチ)


顧客に支持される商品やサービスを生み出すためには、まずはニーズ&ウォンツをしっかり把握しなければなりません。そのために行なわれるのが市場調査(マーケティングリサーチ)です。市場調査には店舗など、実際に出向いて生活者がどのように動き、何を手に取るのか調べたり、アンケートや政府が発信している統計データをもとに調査を行ないます。また顧客の年代や性別、属性に近い人を招いて座談会を開き、商品の使用感や感想を述べてもらって調査することもあります。

広告宣伝活動


市場調査をきちんと行い、自慢の商品やサービスを創り出すことができても、世の中の生活者に認知してもらえなければ売上にはつながりません。この認知のために行なうのが広告宣伝活動です。広告宣伝活動には
・マスメディア…新聞、雑誌、ラジオ、テレビを活用し、広く生活者に告知する。
・デジタルマーケティング…webマーケティングとも呼び、Eメール、自社サイト、ECサイト、SNS、検索エンジンなどインターネットを利用した広告手法。
・SP広告…交通広告や屋外広告などで特定地域内の多数の生活者の目に触れやすい。
・その他…イベント、マスコミに無料で記事として取り上げてもらうPR(パブリックリレーションズ)、口コミ、ノベルティなど。
といった様々な種類があります。

効果検証


一連のマーケティング活動によってどれだけ売り上げに貢献できたか、コストと売上を算出して費用対効果をはかるなど検証します。このように定量で検証する場合もあれば、ブランディングの向上、イメージ力アップなど、「以前にはなかったことがあるようになった」といった定性で検証する場合もあります。

オンラインマーケティングの種類とは?

マーケティングには先に述べた新聞、テレビ、SP、その他を活用した「オフラインマーケティング」とインターネット上で行なう「オンラインマーケティング」の大きく分けて2つの手法があります。ここではオンラインマーケティングの種類について解説します。
なお、オンラインマーケティングは「デジタルマーケティング」や「webマーケティング」とも呼ばれています。

SNSマーケティング


SNSを活用して企業と顧客、生活者双方のコミュニケーションを行うマーケティング手法です。SNSでは企業が顧客に適切なタイミングでアプローチできるため、顧客満足度の向上が期待できるほか、顧客が興味を示せば発信・拡散してくれる可能性もあります。ただし、対応を間違えば「炎上」にもつながるため注意が必要です。

動画マーケティング


近年人気が出ているのがYou tubeやTikTokなどの動画投稿サイトを利用した動画マーケティングです。動画投稿サイト内に流れるCMになりますが、商品・サービスの宣伝や自社のブランディングに効果を発揮します。

コンテンツマーケティング


生活者が共感するコンテンツを継続的に提供することで自社や商品・サービスに興味、共感を与え購入につなげるマーケティング手法です。具体的にはブログや記事といった文章中心の内容で提供される場合もあれば、You tubeチャンネルで動画配信される場合もあります。

O2Oマーケティング


「Online to Offline」を意味し、インターネット上で興味を持ってもらった生活者や顧客にリアル店舗にも足を運んでもらうマーケティング手法です。
例えばECサイトやメルマガ、LINEでクーポン券を発行し、来店促進を図るといった方法があります。

自社に合ったマーケティング活動で売れる仕組みを作りましょう

マーケティングとは、簡単にまとめれば自社の商品やサービスが自然と売れていく仕組み作りです。その仕組み作りを実現するためには顧客のニーズ&ウォンツをしっかり把握し、競合と比べてどんな点に優位性があり、何をメッセージし、どのようにアプローチしていくか戦略を立て実行し、効果検証と改善を繰り返すことが重要です。

マーケティングを理解し、自社に合った活動で売れる仕組みを作り上げましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY