クロスプラットフォームとは? プラットフォームのメリットや分類を理解して顧客層を拡大

マーケティング

INDEX

ビジネス展開において、顧客層を拡大し、市場を広げるためには、クロスプラットフォーム対応が必要です。異なるOSやデバイスに関係なく、同じ仕組みやフレームワークでサービスを提供することで、収益や顧客数を増やすことが可能となり、長期的な事業継続の可能性が高まります。

今回は、クロスプラットフォームに関する基礎知識や異なるプラットフォームや環境の種類について詳しく説明します。

クロスプラットフォームとは

クロスプラットフォームは、異なるプラットフォームで動作するプログラムやサービスを指し、例えばiOSやAndroid、パソコンやNintendo Switchなどで動作するアプリが該当します。このアプローチは、マルチプラットフォームとも呼ばれ、スマートフォンやタブレット、ゲーム機など異なるデバイスでも同じアプリを利用できる仕組みを提供します。

クロスプラットフォームのメリット

クロスプラットフォームの利点は、OSやデバイスに依存せず、広範なユーザーに対応できることです。これにより、異なるユーザーグループを取り込むことができ、特定のデバイスやOSに依存せずにシェアを確保できます。逆に、クロスプラットフォームに対応していない場合、特定のユーザーグループしか取り込めず、市場の敷居が高くなります。したがって、可能であればクロスプラットフォームに対応することが、事業の幅を広げる重要な手段となります。

クロスプラットフォームを実現するために

クロスプラットフォームを実現するためには、VM(仮想マシン)や適切な開発環境を整える必要があります。これには一定の技術的リソースやプログラミング知識が必要ですが、オフラインでの通常の事業と並行して、オンラインサービスやアプリ開発に取り組むことで、新たな収益源を開拓できる可能性があります。

プラットフォームの分類とそれぞれの特徴



次に、プラットフォームの異なる分類とそれぞれの特徴について説明します。

OSやアプリ、その他ソフトウェアやシステム、そして開発環境における差異


具体的なOSとしてはWindows、iOS、Linuxなどが挙げられます。また、プログラミング言語や一元的な開発環境によっても異なる特性が生まれ、全てを包括するのは難しいかもしれません。

従って、クロスプラットフォームおよびマルチデバイスに適したプログラミング言語や開発環境を選ぶことで、異なる環境での開発とリリースが容易になります。具体的な成果物としての評価やシェアの獲得は一筋縄ではいきませんが、最初は簡単なプロジェクトから始め、段階的に経験を積むことで技術やスキルが向上することが期待できます。

ますます多様化するOSや開発環境に慣れ、それに対応できる技術的なリソースを増やしていくことが最初のステップです。

コンピュータやスマートフォン、タブレットなどのハードウェア面での相違点


ハードウェアの仕様や性能を考慮する必要があります。たとえば、Androidのバージョンが古い場合、それに対応していないと古いスマートフォンの利用者を取り込むことができません。ただし、すべてのバージョンやデバイスに完璧に対応することは不可能であり、セキュリティの観点からも妥協が必要です。

異なるハードウェアにも対応できるなら、サービスやアプリの利用時間が増加し、ファンの獲得や有料オプションによる収益化、収益源の確立につながる可能性が高まります。同時に、物理的なデバイスに慣れ親しむことも重要で、実際のデバイスを使ってテストを行うことで開発の進捗を効果的に管理できます。

家庭用ゲーム機など、ソフトウェアとハードウェアの両面で異なる特性を持つもの


Nintendo Switch、パソコンのSteam、PlayStationなどは、ソフトウェアとハードウェアの両方で異なる特性に対応しています。特定のデバイスしか持っていないユーザーに有効であり、デバイスを所有しているユーザーを引き込みやすくなる利点があります。

近年では、SNSやYouTubeなどの影響が大きく、クロスプラットフォームやマルチデバイスへの適応が注目を浴びること自体が広告効果となります。同じゲームでも、広くリリースできるようにすることで収益や利益の差が生まれるでしょう。

アプリのリリースに共通する課題も存在しますが、ストアへの登録やリリースにかかる手続きや労力を理解しておくことが重要です。また、将来的にはメタ空間や3D技術も視野に入れておくと良いでしょう。同様の技術が進展すれば、異なる視点からの収益や利益化の機会が広がる可能性があります。

まとめ: クロスプラットフォームの導入で既存の仕組みから最大限の利益を引き出そう!

今回はクロスプラットフォームに関する基本的な知識や、プラットフォームおよび環境の種類や違いについてお話ししました。アプリの開発においては、iPhoneとAndroidの両方に対応することで、獲得できるユーザーに違いが生まれます。同様に、OSやデバイスを問わず、開発できるスキルや技術的なリソースを備えることで、顧客およびユーザーの幅を広げることが可能です。

DXを推進する柔軟な体質の構築や、デジタルに強い企業・組織としての成長も期待されます。新しいプロジェクトに取り組む一方で、垣根のないシームレスな開発環境の構築を目指してみてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

すべての顧客体験をデザイン

顧客のニーズを洞察し 逆算で組み立てるUIUX×マーケティング戦略

徹底したヒアリングと調査・分析により課題と目的を明確化
フェーズごとのアウトプットとワークショップの実施でベストプラクティスを導き出す
ユーザー体験を緻密に描くUIUX設計
ウェブサイトの制作・リニューアルから運用代行によるパフォーマンスの改善
豊富な実績 独自のノウハウとワークフローでビジネスのゴールを実現

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY