【SWOT分析の基本】やり方や活用のポイントなどを簡単に解説

マーケティング

INDEX

マーケティングや営業の現場で、SWOT分析という言葉を聞いたことがあるものの、「実際どういった分析なのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では冒頭のような方に向けて、SWOT分析の基本的な内容を解説していきます。

SWOT分析の概要やメリットに加え、実際のやり方や活用のポイントなどを分かりやすくまとめていますので、是非最後までご一読ください。

SWOT分析とは

まずはSWOT分析の概要について押さえておきましょう。

 ■SWOT分析の概要


SWOT分析とは、社員の能力やブランド知名度などの内部環境と、市場ニーズや競合他社の動向といった外部環境を、それぞれプラスの面とマイナスの面から分析するフレームワークです。

SWOT分析における分析対象は以下の4つになります。

・内部環境のプラス面:Strength/強み

・内部環境のマイナス面:Weakness/弱み

・外部環境のプラス面:Opportunity/機会

・外部環境のマイナス面:Threat/脅威

 これらそれぞれの頭文字を取ってSWOT分析と呼んでいます。

 ■SWOT分析の目的


SWOT分析の主な目的は、「現状を整理した上で、様々な施策やアクションに繋がる示唆を得ること」です。

単純に上記の4つに属する情報を羅列しただけでは何の意味もありません。

どのように示唆を得るのかについては、後ほど「SWOT分析のやり方」と「SWOT分析を活用するポイント」のところで、詳しくお話します。

とにかくここでは、現状の整理だけに留まらず、実際のアクションに繋がる示唆を得るためにSWOT分析を活用する、ということを押さえておきましょう。

SWOT分析のメリット・デメリット

実際のやり方を確認する前に、SWOT分析によって得られるメリットとデメリットについても確認しておきます。

 ■SWOT分析のメリット


まずはメリットから見ていきましょう。

 ・メリット①:現状を漏れやダブりなく整理できる

SWOT分析は現状を漏れやダブりなく整理することができるフレームワークです。

内部環境を強みと弱み、外部環境を機会と脅威という形でカテゴライズすることで、自社の状況を俯瞰的に把握できるという点は、メリットと言えるでしょう。

 ・メリット②:事業への理解を深めることができる

事業への理解を深めることができるという点も見逃せません。

事業のプラス面とマイナス面を漏れやダブりなく整理することは、事業への理解を深めることにも繋がるため、しっかりと取り組みたいものです。

 ・メリット③:全体での状況共有がしやすい

SWOT分析を実施し、現状を4つの象限にまとめることで、情報を分かりやすく整理することができます。

SWOT分析で整理された情報は分かりやすく見える化されるため、全体での共有もスムーズに進めることが可能と言えるでしょう。

 ■SWOT分析のデメリット


次にデメリットについてお話します。

 ・デメリット①:情報を整理して終わりがち

SWOT分析に取り組んでも、「結局整理しただけ」というケースは非常に多いです。

そこから示唆を得るには、さらに思考を重ねていく必要があります。

 ・デメリット②:分類しにくい情報もある

SWOT分析では、全ての情報を「強み」「弱み」「機会」「脅威」のいずれかに分類する必要があります。

しかし事業を取り巻く様々な要素の中には、分類しにくい情報もあるので、その点は留意しておくべきでしょう。

SWOT分析のやり方・方法

ここからは実際のSWOT分析のやり方を、2つのステップに分けてみていきたいと思います。

 ■ステップ①:情報を集める


まずはSWOT分析の4象限に属する情報を集めることから始めます。

 ・内部環境情報の集め方

内部環境における「強み」「弱み」を把握するには、3C分析を用いると良いでしょう。

自社(Company)・競合(Competitor)・市場/顧客(Customer)という3つのCをかけ合わせながら分析を行います。

 

図.3C分析

 「強み」や「弱み」は相対的なものです。

どのような市場/顧客を対象としているのか、その場合の競合はどこになるのか、といったことを把握することで、初めて「強み」と「弱み」を設定することができます。

また3C分析では、それぞれのCを単独で分析するのではなく、重なり合った部分を考察していくことが重要です。

・市場ニーズに自社だけが応えられている領域とは

・市場ニーズに競合だけが応えられている領域とは

・自社や競合の能力はあっても、市場ニーズが存在しない領域とは

・市場ニーズに自社も競合も応えられている領域とは 

上記のように分析していくことで、自社の「強み」と「弱み」を把握することができるでしょう。

・外部環境情報の集め方(マクロ視点)

外部環境における「機会」や「脅威」をマクロの視点から把握するには、PEST分析を用いると分かりやすいです。

PEST分析とは、外部環境を以下の4つの分野に分けて把握するものです。

【Political:政治的環境要因】
法律や条例、裁判における判例、政権体制、公的補助や助成など

【Economic:経済的環境要因】
景気や物価、為替、金利、企業の設備投資の動向など 

【Social:社会的環境要因】
人口動態や流行、文化、生活習慣、ライフスタイルや自然環境など 

【Technological:技術的環境要因】
新しい要素技術や生産技術などの技術革新、特許など

これら4つの分野に属する様々な要因の自社に対する影響を見ていくことで、「機会」なのか、それとも「脅威」となるのかを判断する形になります。

 ・外部環境情報の集め方(ミクロ視点)

またミクロ視点で外部環境を把握するには、5フォース分析を用います。

5フォース分析とは、自社を取り巻く競争要因や、業界の収益構造を把握するための分析手法です。

企業の競争要因を5つに分類し、自社の優位性を導き出すことを目的としており、以下のような図として表されます。

  

図.5フォース分析

 5フォース分析で把握した現状を、SWOTに活用しつつ、どの要因にテコ入れすれば状況を変えることができるかを考えることがポイントになります。

 ■ステップ②:それぞれの情報を掛け合わせ、示唆を得る


ステップ①で情報を集め終えたら、あとはそれぞれの象限に属する情報を掛け合わせて見ていくだけです。

いわゆるクロスSWOT分析と呼ばれる手法になりますね。

クロスSWOT分析は以下のように図示すると分かりやすいでしょう。

 

図.クロスSWOT分析

 上記のような組み合わせで、集めた情報を様々な角度から掛け合わせ、そこから次のアクションや施策に繋がる示唆を得るのです。

SWOT分析を活用するためのポイント

最後にSWOT分析を上手く活用するためのポイントをご紹介します。

 ■「ST領域」と「WO領域」に注目する


SWOT分析ではどうしても「SO領域(強み×機会)」や「WT領域(弱み×脅威)」に注目し、「ST領域(強み×脅威)」と「WO領域(弱み×機会)」は見落とされがちです。

しかしSWOT分析では、この「ST領域」と「WO領域」にこそ注目すべきと言えます。

 ・「ST領域」について

自社の強みであるが故に、脅威が現れても、対策を講じることなく守りに入ってしまうことが多い領域です。

しかしもし守りに徹してしまうと、いずれディスラプターと呼ばれる「破壊的新規参入者」によって、ポジションを奪われてしまう可能性があります。

この点は、ハーバードビジネススクールのクリステンセン教授の著書「イノベーションのジレンマ」においても、述べられていますね。

同著の中で「自社内にセルフ・ディスラプション(自己破壊)を行う部門を設立し、外部からもたらされる脅威に先んじて、自社の盲点を突く」という対策も論じられているので、是非この考え方を参考に、アクションを検討してみてください。

 ・「WO領域」について

ここは外部環境が自社にとって追い風になりうるのに、自社の中でそれを活かせるだけの能力や強みがない領域です。

この領域はどうしても諦めてしまいがちですが、自社の外に目を向ければ打ち手が見えてくるかもしれません。

例えば、機会を活かすための技術獲得を目的としたM&Aに取り組んだり、アライアンスを締結したり、といった対策が考えられます。

何も自社だけで完結する必要はないのです。

もし改善策が見えてこないのであれば、是非外に目を向けてみてください。

まとめ

今回はSWOT分析についてお話してきましたが、いかがでしたか。

繰り返しになりますが、SWOT分析はただ現状を整理するだけで終わってしまっては何の意味もありません。

SWOT分析を実施することで、次の打ち手やアクションを導き出してこそ、取り組む意義があるというものです。

是非この記事を参考に、意義あるSWOT分析に取り組んでみてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SEO対策に特化したコンテンツマーケティング

品質の高いコンテンツで継続的な集客を実現する

3つのプランでお客様のご要望に応じて質の高いコンテンツをご提供。
コンテンツとメディアセットのプランもありますので、新規メディア起ち上げをお考えの方もお任せ下さい。

サックルのコンテンツマーケティング

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY