ノーコードとローコードについて知りたい! 通常のシステム開発との比較も

システム開発 Web開発アプリ開発

INDEX

ノーコードが急成長しています。

最近ノーコードという言葉を耳にする機会が多くなってきたと思います。プログラムを開発するのが、エンジニアだけのものではなく、プログラミングの知識がない方もプログラムを作ることができる画期的な概念として、世界中で浸透しつつあります。
また、ノーコードに限らず、最低限のコーディングだけで作成するローコードというものも生まれました。

そうなるとやはりエンジニアだけの話ではありません。
現在ノーコード、ローコードを活用している方だけではなく、すべてのビジネスマンが、その性質を知っておくべきではないでしょうか?

今回は、そんな”アンテナを張っていたけれども、乗り遅れてしまった方”に向けて、ノーコードやローコードを分かりやすく説明します。また、従来のシステム開発との比較を通して、その特性を理解して使いこなせることを目指します。

 

システム開発の工程




ノーコードやローコードについて説明する前に、前提としてシステム開発の上流工程について簡単に説明します。
上流工程とは、実際のシステム開発(プログラミング)に入る前にするすり合わせです。
「要件定義」では、今回作るシステムがどのようなことを目的とするかをヒアリングします。
続いて「機能定義」で、ではその目的達成のためにどのような機能が必要かを確認するということが必要です。
「計画立案」では、機能を整理した結果、各作業がどれくらい時間がかかるかスケジュールを立てることを主にします。

 

ノーコードとは?




ノーコードは、多くのビジネスオーナーにとって理想的なソリューションです。
ローコードとほぼ同時期に開発が開始されたため、かなり最近のイノベーションと言えるでしょう。
ノーコードは、一切プログラミングをせずにWebシステムやモバイルアプリを開発することができる画期的なサービスです。
今までシステム開発は、プログラマーやエンジニアのものでした。それをすべての人が使えるようにしたのですから、その利用者の数は莫大になります。

代表的なノーコード開発プラットフォームに「Glide」や「Adalo」「Bubble」などがあります。

ノーコードの利点は、エンジニアに頼む必要がないので、要件定義などがないという点です。通常の開発のような、ユーザーへのヒアリングから始まり、要件定義、仕様策定(外部設計、内部設計)、実装(プログラミング)、テスト、リリースという工程を短縮できます。
社内で完結するのでハンドリングがしやすいというのもメリットでしょう。

ノーコードはまだサービス自体が急成長段階なので、すべての人が使いやすいというわけではありません。
しかし利用者が多くなればなるほど開発も増えてサービスも充実するでしょう。
今後も進展が楽しみな技術です。

自由度が高いオリジナルのアプリを制作したい場合は、サックルにご相談ください。

 

ローコードとは?




ローコードの簡単な定義としては、ブロックベースでドラッグ&ドロップによるコーディング言語であり、最低限のハンドコーディングが必要とされます。
ローコードは、ノーコードと違って少しコード知識が必要になります。
しかし、最低限の知識でシステムが作れるので、一からプログラミングを学習してエンジニアになることよりも圧倒的に時間が節約できているという良さがあります。

ローコードの代表的な開発基盤には「OutSystems」があります。

ローコードのメリットは、まずノーコードと同じように社内で作る場合はハンドリングしやすいのと、要件定義などの必要がないということです。

また、ローコードのオリジナルのメリットとしては、ローコードは少ないコードの記述でプログラムが構築できますが、ノーコードと違ってコードの記述が可能なため、ユーザー側で自由に機能を実装することができます。そのため、高い汎用性や拡張性を持っています。

既存のシステムと連携ができるというのも利点です。連携機能を利用してコーディングすれば、既存システムを連携するシステムを構築することも可能です。

最近は多くのビジネスマンのITリテラシーもあがってきているので、少しのコーディングなら容易に理解できるということで、利用者も増えています。

 

システム開発との比較


では、通常のエンジニアに頼むシステム開発とは、どんな違いがあるのでしょう?
分かりやすいように、表にまとめてみました。

ノーコードやローコードは、開発立案者自体がシステムを作るということで、完成までの早さは短縮できるでしょう。料金に関しても、外注と比べると安価です。

その分、デザインやシステムの自由度が低いというデメリットもあります。またプラットフォームが終了すると更新ができなくなるというリスクもあります。
いずれにしろ、メリットもたくさんありますし、デメリットも混在していますね。

 

システム開発の特徴




ノーコード、ローコード、システム開発を比較した上で、システム開発の特徴を3点あげます。

・デザインの自由度
機能の制限がないので、発注者の思い通りにデザインできます。デザインは店舗やサービスで一番見えるものです。オリジナルなデザインを実現すれば、印象もよくなるでしょう。

・大規模システム
ノーコードやローコードが機能に制限がある一方で、システム開発ですと、エンジニアやシステム会社が可能な限り大規模なデータベースを管理できますし、特殊な機能も実装できます。

・プロにおまかせ
商品を作っただけでは、今や売れない時代になってしまいました。同じように商品ページやサービスの説明ページだけでは、難しいというのが現実です。Webマーケティングで必要なSEOや広告運用のノウハウをもったプロがいる会社なら、そのまま丸投げも可能です。最初の戦略設計もお任せしてしまいましょう。
全部丸投げすることで、皆さんの手間を省き、日常業務に集中できます。

 

おわりに


今回は、最近注目されているノーコードやローコードについて紹介し、システム開発との違いを表でまとめてみました。
ノーコードやローコードは急成長している技術です。日頃から情報をアップデートすることで、少しでも貴社のシステム開発のヒントになれば幸いです。

システム開発には、分からないことがたくさんあります。特にエンジニアさんを抱えていない会社にとっては、その空間はまるで真っ暗闇という感じでしょう。
そんなときは、サックルにご相談ください。
各会社さまには営業担当がつきますので、親身にご相談に乗ることができます。
また、デザイナー、エンジニア、マーケターが内製化されています。貴社の思い通りのシステムを実現できるでしょう。

 
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

ビジネスの成功に導くWebシステム開発

ユーザー体験をデザインし お客様のビジネスを成功へ導く

官公庁・大企業・中小企業・スタートアップ。
豊富な開発経験で幅広いニーズに対応、国内完結だからこその安全とスピード。
提案、設計、開発、テスト、保守、リニューアル、機能追加。あらゆるフェーズから参画いたします。

サックルのWebシステム開発

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY