【Webコンサルティングとは】効果や会社選びのポイントを解説

マーケティング

INDEX

「Webコンサルティングって何をしてくれるの?どんな効果が得られるの?」

この記事は冒頭のような疑問を持たれている方に向けて、Webコンサルティングのサービス内容やその効果、さらにWebコンサルティング会社の選び方まで解説しています。

Webコンサルティングについて知りたい方は勿論、Webコンサルティングサービスの利用を検討されている方も是非ご一読ください。

Webコンサルティングとは

まずはWebコンサルティングとはどういったものなのか、何をしてくれるのかといった点を確認しておきましょう。

 ■Webコンサルティングのサービス内容


Webコンサルティングとは、マーケティングにおけるWeb活用の戦略立案や実行のサポートなどを提供するサービスです。

具体的には

・Web戦略策定:サイトの目標やターゲットの明確化、評価指標の設定など
・オウンドメディア構築:サイト構築やコンテンツ制作・改善
・デジタル広告運用:各種広告の設計と運用、改善のサポート
・SEO対策:HTML構造の最適化などの検索アルゴリズムへの対応

といったサービスが挙げられます。

これらの内容を軸としつつ、競合・顧客調査や各種分析からのレポート作成、UIデザインなどの対応をしてくれる会社もあります。

要するに見込み顧客がWebから流入してくれるように、Webにおける顧客接点を最適化するためのサポートをしてくれるサービスなのです。

 ■Webコンサルティングサービスの費用


Webコンサルティングサービスの費用相場は10~30万円/月程度となっていますが、対応範囲によって大きく変わってきます。

サイトの解析やレポート作成のみであれば、10万円以下で実施している場合もありますし、逆に複数のサイトや大規模サイトを対象としたサービスの場合、100万円を超える費用が掛かることもあります。

またSEO対策などを軸としたサービスの場合、成果報酬型を採用しているケースもあり、費用相場や体系も多様にあると言えるでしょう。

 ■Webコンサルティングを利用すべきケース


次にWebコンサルティングを利用すべきケースについて見てみましょう。

 ・ケース①:Web運用に割く人的・時間的リソースが不足している

一つ目のケースはWeb運用に割ける人的・時間的なリソースが不足している場合です。

どれだけWebを活用したいと思っていても、目の前の業務に追われている中で、Web運用に人員や時間を割けないといったケースも散見されます。

このような「Web関連の施策を強化したいけど、人手も時間も足りない…」といった場合、Webコンサルティングの利用がオススメと言えるでしょう。

 ・ケース②:自社にWeb活用のノウハウがあまりない

また自社でのWeb活用の経験がまだまだ少なく、ノウハウやスキルを持った社員がいないといった場合も、Webコンサルティングを利用すべきと言えるでしょう。

自分たちでWebに関して学習して、色々試行錯誤していくという道もありますが、それでは成果に結びつくまでに長い時間がかかってしまいます。

そのためWebコンサルティングサービスを受けて、スピーディーに成果を上げながら、コンサルタントからノウハウやスキルを学び、徐々に内製化を図るという考え方も重要です。

Webコンサルティングによって得られる効果

続いてWebコンサルティングによって、どのような効果が得られるのかをご紹介していきたいと思います。

■効果①:Web施策の全体最適化


一つ目の効果はWeb施策を全体最適化できるという点です。 

Webコンサルティングサービスを利用することで、先述の通りサイト運用を始めとしたWebに関する様々な施策に対して、プロの視点から的確なアドバイスやサポートを受けることができます。

そのため一つ一つの施策改善に留まらず、各施策の連携といった全体最適を図ることが可能なのです。

 ■効果②:短期間で成果を出せる


また自社だけで取り組むよりも、短期間で成果を出せるという点も見逃せません。

自社だけでWeb施策に取り組む場合、リソース不足やそもそものスキル・ノウハウも足りず、なかなか成果まで結びつけることができないケースが多いです。

その点Webコンサルティングサービスを利用することで、確実且つできるだけ早く成果が出るように、各施策をブラッシュアップすることが可能になります。

 ■効果③:Webリテラシーやスキルの向上


Webコンサルティングサービスを利用することは、自社のWebリテラシーを向上させることにも繋がります。

Webコンサルティング会社からのアドバイスやサポートを通して学習することは勿論、社内研修などをコンサルタントに依頼し、より専門的なノウハウや知識を学ぶことも可能です。

そのため書籍などで学習するよりも、実践に基づきつつ効率よくWebリテラシーやスキルを向上させることができるでしょう。

Webコンサルティング会社を選ぶポイント

最後にどのようにWebコンサルティング会社を選べばいいのかをお話しておきます。

 ■ポイント①:バックグラウンドを確認する


一つ目のポイントは「Webコンサルティングサービスのバックグラウンドとなる事業やスキルは何かを確認する」という点です。

Webコンサルティングサービスを提供していると言っても、どのような経緯や事業を基にしてきたかによって、コンサルティング内容や対応範囲は勿論、専門性や知識の深さを出せる領域が異なってきます。

例えば経営コンサルティングをもともと行っており、その経験を軸にしてWebの領域にまで拡大した会社と、Webサービスの開発や制作・デザインなどの実績を基にコンサルティングサービスを提供している会社では、強みや特徴が異なることは言うまでもありません。

そのため「どのような課題を抱えているのか、どういったところを強化したいのか」といった点と、Webコンサルティング会社のバックグラウンドを照らし合わせて選ぶと良いでしょう。

 ■ポイント②:実行までサポートしてくれるか


Webコンサルティングに限ったことではありませんが、コンサルティング会社には大きく分けて以下の二つのパターンがあります。

①現状分析を実施し、改善計画を立案するところまで対応する
②計画の立案から実行に至るまでをトータルサポートしてくれる 

第三者目線で自社の気付いていない課題や問題点を把握するといった意味合いでは、①も有効ですが、しっかりと成果に結びつけていきたいのであれば②をオススメします。

自社の立場や視点に立ってプランニングを行い、実行も丁寧にサポートしてくれるWebコンサルティング会社を選びましょう。

 ■ポイント③:対応できる範囲の広さ


最後のポイントは「対応できる範囲の広さ」です。

一つ目のポイントでも触れましたが、Webコンサルティングサービスを提供する会社のバックグラウンドによって、対応できる範囲やクオリティが変わります。

基本的に自社の課題や状況に照らし合わせて、そこに最もマッチしたバックグラウンドや実績を持つ会社を選ぶことになりますが、将来的なWeb施策の拡大を視野に入れるのであれば、コンサルティングの対象範囲が広いところを選ぶに越したことはありません。

まとめ

今回はWebコンサルティングについてお話してきましたが、いかがでしたか。

本文でも触れた通り、Webコンサルティングサービスと一口に言っても、様々な内容が含まれています。

是非この記事を参考に、皆さんの状況や目的に合わせて、最適なWebコンサルティングサービスを見つけていただければ幸いです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SEO対策に特化したコンテンツマーケティング

品質の高いコンテンツで継続的な集客を実現する

3つのプランでお客様のご要望に応じて質の高いコンテンツをご提供。
コンテンツとメディアセットのプランもありますので、新規メディア起ち上げをお考えの方もお任せ下さい。

サックルのコンテンツマーケティング

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY