インフルエンサー・マーケティングとは?メリットや成功するためのポイントを解説

SNS SNS

INDEX

「インフルエンサー・マーケティング」と呼ばれるWebマーケティングの手法が注目されるようになりました。とはいえ、具体的にどのような特徴や手法であるのか、なかなか分かりづらいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、インフルエンサー・マーケティングの概要や、Webマーケティングの手法として活用するメリットをご紹介します。成功するためのポイントについてもまとめていますので、インフルエンサー・マーケティングを実施する際の参考にしてみてください。

インフルエンサー・マーケティングの概要

まずは、インフルエンサー・マーケティングの概要について解説します。マーケティング施策の主役となる「インフルエンサー」の意味や、SEO・リスティング広告といったマーケティングとどのような違いがあるかを確認しましょう。

そもそも「インフルエンサー」とは?


インフルエンサー・マーケティングを知るためには、そもそも「インフルエンサー」とは何なのか、その意味を理解する必要があります。インフルエンサーとは、TwitterやInstagramといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や、YouTubeといった媒体を通して情報発信を行い、社会的に大きな影響をもたらす人物のことです。

英語の「influence(影響)」を語源としており、美容・ガジェット・ビジネスといった特定ジャンルに精通しているのが特徴で、多くのフォロワーを有しています。インフルエンサーのなかには、SNSのフォロワーが100万人を超える「メガインフルエンサー」や、特定範囲での影響力を持つ「ナノインフルエンサー」などのカテゴリに分けられています。
























インフルエンサーの種類 特徴
メガインフルエンサー SNSのフォロワー数は100万人以上。テレビに出ているタレントや芸能人などが該当。
ミドルインフルエンサー SNSのフォロワー数は10〜100万人。ある特定ジャンルで活躍するインフルエンサー。
マイクロインフルエンサー SNSのフォロワー数は1〜10万人。特定ジャンルに知見・拡散力を持つ。一般人からタレントまでさまざま。
ナノインフルエンサー SNSのフォロワー数は1,000〜1万人。有名ではないものの、特定層への影響力を持つ。


従来のマーケティングとの違い


従来のインターネットによるマーケティング手法と、インフルエンサー・マーケティングは、情報発信の過程に違いがあります。まず、従来型のマーケティング手法は、SEOやリスティング広告を活用し、企業自らが消費者に対して、購買行動を促すのが一般的な流れです。

一方で、インフルエンサー・マーケティングは、企業がインフルエンサーに情報発信を依頼し、消費者向けにプロモーションを実施します。つまり、インフルエンサーが、企業と消費者の橋渡しとして中間に入り、企業の商品やサービスの周知を行うのが特徴です。また、インフルエンサー・マーケティングでは、リツイートやコメント機能を備えたSNSを利用しているため、ターゲットからターゲットへと連鎖的に情報発信を行えます。

インフルエンサー・マーケティングのメリット

インフルエンサー・マーケティングには、企業側にとって多くのメリットがあります。従来型のマーケティング手法にはなかった、インフルエンサー・マーケティング独自のメリットをご紹介します。

自社製品の認知度を高められる



インフルエンサー・マーケティングのメリットは、自社製品やサービスの認知度を高められることです。検索ユーザーのみに情報発信を行う従来型のSEO・リスティング広告によるマーケティングと異なり、インフルエンサー・マーケティングは、高い拡散性を有しているため、より多くの消費者に対して情報を届けられます。また、「バズ」と呼ばれる短期間内に一気に情報が広がるチャンスもあり、効率的にマーケティング施策を行えます。

消費者に親近感を持たせられる



インフルエンサー・マーケティングを通して、消費者に親近感を持たせられるのもメリットです。SNSのフォロワーにとって、インフルエンサーは身近な存在で、インターネット上でありながらも、信頼関係が構築されている状態にあります。インフルエンサーが、ライフシーンのなかで商品を利用し、消費者であるフォロワーに対して「買ってみたい」という感情をもたせることが可能です。

ターゲットを絞りやすい



3つ目のメリットは、ターゲットを絞りやすいことです。SEOやリスティング広告は、検索キーワードによってターゲットを絞るため、想定していたターゲットとズレが生じる可能性がある点に気を付けなければなりません。

一方、あるジャンルに影響力を持つインフルエンサーは、同一ジャンルに興味を持つフォロワーを多く有しており、ターゲットのズレを抑えられます。たとえば、家電に特化したインフルエンサーは、家電情報を知りたいフォロワーを抱えているため、高い精度の高い訴求を行えます。

インフルエンサー・マーケティングを成功するためのポイント

インフルエンサー・マーケティングを成功するためには、以下で解説するポイントを押さえてみてください。間違った方法で進めていると、マーケティング効果を十分に得られない可能性があります。

自社製品と親和性の高いインフルエンサーを選ぶ



インフルエンサー・マーケティングを成功させるためには、自社製品・サービスと親和性の高いインフルエンサーを選定する必要があります。たとえば、「家電」に特化したインフルエンサーを起用し、「美容」商品の情報発信を行っても、フォロワーへの広告効果を期待できません。

また、自社製品・サービスを魅力的に発信してくれるインフルエンサーを選ぶことも重要です。メッセージだけの商品説明ではフォロワーの目に止まりにくいため、実際にインフルエンサーが使っている様子をショートムービーで発信したり、画像の撮影方法に特徴があったりといったクリエイティブ要素を持ち合わせたインフルエンサーを調べておきましょう。

インフルエンサーに可能な限り裁量権を持たせる



企業の意向も重要ですが、インフルエンサー側に可能な限り裁量権を持たせることも大切です。ターゲットとなるフォロワーは、インフルエンサーの生活感や日常的な様子を熟知しているため、企業側からの要求が多ければ多いほど不自然な投稿になってしまう危険性が高まります。

最悪の場合、SNS上で企業案件であることが広まり、インフルエンサーの炎上、広告商品の不買につながるケースも少なくありません。なるべく自然な形で、フォロワーに発信するためにも、インフルエンサー側の意見を取り入れようにしましょう。

目的と目標を定める



インフルエンサー・マーケティングに限らず、マーケティング施策で成功するためには、目標と目的を定めましょう。目標設定値を明確にしないまま施策を進めると、費用対効果や今後の継続についての判断ができなるためです。

また、数あるマーケティング施策のなかで、インフルエンサー・マーケティングを利用する目的を設定することも重要です。資料請求や購入といったコンバージョン率を高めるだけであれば、リスティング広告を利用した方が、費用も安く済み、効果が出やすいこともあります。商品・サービス内容との相性もあるため、単に流行っているからという理由だけで、インフルエンサー・マーケティング施策を実施するのは控えましょう。

まとめ

インフルエンサー・マーケティングの概要やメリットをご紹介しました。社会的に影響力のある人物による発信となるため、周知活動を効率的に行えるほか、ターゲットを絞ったマーケティング展開が可能です。

ただし、インフルエンサー・マーケティングを利用する際には、成功するためのポイントを押さえておきましょう。誤った形で利用してしまわないように、本記事を参考にしてみてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

成果報酬型の広告運用 手数料0円で集客を最大化

今日から始めるWeb広告。成果が出るまで費用はいただきません。

設計から運用、LP制作まで、web広告のプロが貴社の集客・売り上げを伸ばします。
成果報酬型だから低予算でもすぐに始められる。
成果を共有し、同じ目標を目指します。
アフィリエイトのご依頼・ご相談も承っております。

サックルの広告運用

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY