ブランド戦略のメリットや正しい立て方について事例を交えて解説

ブランディング 企業ブランディング

INDEX

数多くの製品・サービスが競争する現代社会の市場で生き残るには、自社サービスの魅力と独自性を訴求することが不可欠です。
マーケティングのうえで重要なブランド戦略の正しい立て方について、成功事例を交えつつ詳しく紹介していきましょう。

ブランド戦略とは

そもそも「ブランド」とは、「顧客が製品やサービスに対して抱く共通の認識」をさす言葉です。
高級な時計やバッグを「ブランドもの」と呼びますが、ここでのブランドは必ずしも高価格なものではありません。
値段、製品名やシンボル、さらにはブランドから連想されるイメージ(おいしい、使いやすいなど)が組み合わされることにより、製品のブランドは形成されます。

ブランドを改善し、多くの顧客によいイメージを持ってもらうための活動が「ブランディング」です。
「こんな時は〇〇という製品を買おう!」といったように、他サービスと比較したときに自社の製品を思い浮かべてもらえるようになれば、ブランディングに成功したといえるでしょう。

効率的なブランディングを行うための具体的な戦略が「ブランド戦略」です。
もちろん適切なブランド戦略は製品ごとに異なるため、ターゲットやニーズを綿密にリサーチしたうえで設定する必要があります。

またブランド戦略を立てる際、ブランドは企業視点ではなく顧客視点であることに注意してください。
いくら企業側が「〇〇が売りの商品です!」と訴求したとしても、それが顧客に受け入れられなければブランドとはいえません。
企業側が顧客に抱いてほしい理想のイメージと、顧客側が実際に抱く実際のイメージを近づけることこそ、ブランド戦略の目的です。

ブランディングのメリット

ブランディングを適切に行うことによって、主に以下のような効果が期待できます。

①競合との差別化


多くのサービスで溢れかえっている日本の市場において、競合と同じサービスを提供したところでユーザーの興味をひくことはできません。

他社にはない魅力や独自性を前面に押し出し、その製品を選択する必然性をアピールすることが重要です。

差別化が実現できれば、市場で優位に立てるだけでなく、競合の市場への新規参入を抑止することもできます。

②ロイヤルカスタマーの獲得


ロイヤルカスタマーとは、企業や製品に対して強い興味を持ち、周りの人々にそれらを勧めるような顧客のこと。

彼らは売り上げに貢献し、さらに新規顧客の獲得にも貢献してくれる、マーケティングになくてはならない存在です。

ブランドを強固なものにすることで、顧客の忠誠心(ロイヤルティ)を醸成することができます。

ロイヤルカスタマーが向上することで、多くの人によいイメージが広がりブランドイメージがさらに増強される、という好循環ももたらされるでしょう。

③価格競争の回避


製品のクオリティが拮抗すると、「各社がどんどん製品価格を下げる」あるいは「原価が上がるが価格は上げない」という価格競争が起きます。

すると利益率が下がり、売っても売っても売上が上がらない状況に陥ってしまう可能性が出てきてしまいます。

ブランディングを行うことで「値段が高くても〇〇の製品なら購入する」という顧客が増え、価格競争を脱することができるでしょう。

④知名度の向上


ブランド力が向上すれば、企業やサービスの知名度が上昇し、見込み客の増加が見込めます。

さらにサービスを知っている人が増えると、自社製品に理解のある人材が志望してくれる可能性も上がるので、優秀な人材の確保も容易となるでしょう。

ブランド戦略の立て方

マーケティングを行ううえでブランディングが不可欠であることがわかっていただけたと思います。

では、適切にブランド力を高めるためのブランド戦略の立て方について見ていきましょう。

大きく分けて以下の4つの手順があります。

①ターゲットの決定


自社の製品の魅力を理解し、支持してくれそうな客層(ターゲット)はどこかを調査します。

この工程がうまくいかないと、魅力を訴求する対象が曖昧になってしまい、具体性のないプロモーションになってしまいがちです。

顧客のニーズを理解し、ターゲットの関心を惹きつけるブランド設計を心がけましょう。

②ポジショニングの決定


ターゲットを理解したら、自社製品が市場内でとるべき立ち位置(ポジショニング)を策定する手順に移ります。

具体的には「お惣菜のおいしいコンビニといえば〇〇」「おしゃれなカフェといえば〇〇」といったように、競合と比較した際の強みや価値を明確化することで、市場内での存在意義を顧客にアピールできるようになります。

ポジショニングを行う際は、2つの軸を設定し平面上に自社と競合他社を配置するポジショニングマップを作成します。

軸には、「価格」「機能性」「顧客のメリット」といった購買決定要因を設定するのがよいでしょう。

またマップに落とし込むことで、市場内でまだ競合が進出していない領域(ブルーオーシャン)を見つけることも容易となります。

様々な角度から市場を切り取り、自社が勝負できる領域を探しましょう。

③ブランドアイデンティティの定義


明確化したポジショニングを踏まえて、「顧客にどういうイメージをもたれたいか」を言語化したものが「ブランドアイデンティティ」です。

企業や製品の目指す位置を端的に表す言葉を設定できれば、今後とるべき戦略の方向性がブレることがなくなり、サービスの魅力を顧客に訴求しやすくなります。

またブランドアイデンティティが決まれば、キャッチコピーやロゴなども作りやすくなるでしょう。

ブランドのイメージを決定づける重要な要素なので、記憶に残りやすいようテーマを統一する必要があります。

④ブランドの宣伝


ブランドのイメージが抽象化できれば、それらを顧客にアピールする手順に移ります。

今まではTVや新聞・ラジオやイベントでのプロモーションがメインでしたが、昨今ではSNSも宣伝に欠かせない存在となりました。

ターゲットや製品の性質に適したチャネルを用いて、適切な広告戦略を打つことが大切です。

ブランド戦略の成功事例

続いてブランド戦略に見事成功した事例をいくつか紹介します。

これらを参考に、自社製品に当てはめるとしたらどんな戦略を立てるか考えてみてください。

スターバックス


ブランディングの成功例としてよく挙げられるのが、老若男女から人気のあるコーヒーショップ・スターバックスです。

競合他社のコーヒーショップが「気軽で安い」というイメージを掲げるなか、スターバックスは「高級感がありおしゃれ」な雰囲気の店舗を展開しました。

結果「値段が高くても綺麗なカフェに行きたい」という隠れたニーズ(潜在ニーズ)を引き出すことに成功し、オンリーワンなブランドイメージを確立させたのです。

AKB48


AKB48は、ブランドアイデンティティとして「会いに行けるアイドル」を掲げました。

そのアイデンティティにのっとり劇場公演や握手会などファンとの距離が近い施策を次々に打ち出すことで、「アイドルは手の届かない存在」というそれまでの常識を打破することに成功したのです。

現在も「ファンとアイドルの距離が近い」グループが主流となっており、アイドル市場の仕組みを変遷させた成功事例といえるでしょう。

まとめ

ブランドの意味やブランド戦略のメリット、さらに具体的な方法と成功事例を解説してきました。

自社製品にしかない「強み」を顧客に知ってもらい、競合他社との差別化を実現するためには、徹底したブランディングが必須です。

自社本位になることなく、常に顧客の目線を意識したブランド戦略を立てるようにしましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

想いを育むブランディングデザイン

ワークショップで本当の企業価値を見つける

私たちはデザインをするだけでは無く、貴社と共にワークショップを行い、意見を出し合いながら本当に重要視すべき企業価値を見つけ出します。
そしてコンセプトメイキングをきっちり行い、クリエイティブ制作を通して貢献いたします。お気軽にご相談下さい。

サックルのブランディング

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY