クラウドサービス【Microsoft Azure(アジュール)】の特徴をわかりやすく解説!

システム開発 インフラ

INDEX

自社のデータセンタにサーバを導入し、システムを構築・運用していくオンプレミス型に対して、最初からクラウドサービスの利用を検討する「クラウドファースト」は近年当たり前のものになりつつあります。

代表的なクラウドサービスとしては、AWS(Amazon Web Service)やGCP(Google Cloud Platform)、そしてMicrosoft Azureなどがあります。ここでは、最近人気が高まってきているMicrosoft Azure(アジュール)についてわかりやすく解説していきたいと思います。

Microsoft Azureとは:Microsoft社の提供するIaaS/PaaS

Microsoft Azureは、Microsoft社が提供するクラウドサービスです。

AWSなど他のクラウドサービス同様、利用した分だけ料金を支払う従量課金を採用しており、データセンタやサーバ機器など物理的設備を準備する必要はありません。そのため、クラウドサービスを利用することで、システム導入に関わる初期コストを大幅に削減できるメリットがあります。

一般的に、クラウドサービスでは、

・IaaS(Infrastructure as a Service)…仮想サーバやストレージ、仮想ネットワークなどのシステムインフラを提供する。
・PaaS(Platform as a Service)…プログラムを動かすことのできるプラットフォーム(ミドルウェア)までをサービスとして提供する。
・SaaS(Software as a Service)…何らかのパッケージ製品をサービスとして提供する。

の中から、ユーザが用途に応じてサービスを選択または組み合わせて利用します。

Microsoft Azureは、IaaSとPaaSの部分を提供するクラウドサービスの名称です。なお、Microsoft社の代表的なクラウドサービスであるMicrosoft365(旧Office365)は、Azureとは別のSaaSとして提供されています。

Microsoft Azureの特徴・メリット:Microsoft社製品・サービスとの連携

Microsoft Azureにおいても、他のクラウドサービスと同様に、

・物理的設備への投資が不要なため、初期費用が抑えられる
・使った分だけ支払いをすれば良い従量課金
・必要な性能や容量を簡単に確保できる柔軟な拡張性

というメリットは十分享受できます。

しかし、どのクラウドサービスを使うのであっても、利用企業が頭を悩ませるのがサービスを利用する際の認証です。自社内(オンプレミス)の既存システムを利用している中で、追加でクラウドサービスを利用すると、ユーザはオンプレミスのシステムとクラウドサービスで別々のID/パスワードを管理する必要が出てきます。

さらに、複数のクラウドサービスを併用すると、それぞれのサービスで個別にID/パスワードを準備する必要があるため、ユーザ側のID管理がどんどん煩雑になっていきます。それを解決するためには、それぞれのクラウドサービスにID情報を連携する仕組みを作り込まなければなりません。

WindowsPCおよび社内システムの認証に、Microsoft社の製品であるActive Directoryを使っている企業は非常に多くなっています。クラウドサービスに同じくMicrosoft社のAzureを使えば、オンプレミスのActive Directoryとクラウドサービス上のAzure Active Directoryを連携させ、同じID情報を共有することができます。

つまり、社内のActive Directoryに参加しているWindowsPCにログインすれば、Azure上のサービスやシステムを認証なしで利用できる、シングルサインオン(SSO)構成が簡単に作成できるということです。Azure Active DirectoryはMicrosoft社以外の様々なクラウドサービスにも対応しているため、オンプレミス環境+マルチクラウド環境においてもSSOが実現できます。

これは、Microsoft社の提供するクラウドサービスであるAzureならではのメリットであると言えるでしょう。

他にも、メール・ドキュメント・表計算ソフトなどのオフィススイートであるMicrosoft Officeは様々な企業でよく使われていますが、PCにインストールする形式ではなく、SaaSサービスとして提供されているMicrosoft365にシフトする企業も増えてきています。

Microsoft365についても、Azure Active Directoryと連携してシングルサインオン(SSO)が可能ですので、オンプレミス上のシステム、Azure上のクラウドサービスと合わせて認証を一元管理できます。これはMicrosoft社のサービスならではの特徴であり、それが決め手となってAzureを選択する企業も増えています。

Microsoft Azureが注目されている理由:厳しい安全基準に適合

銀行・証券・保険などの金融業界においては、金融庁の監督指針や検査マニュアル、公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)の「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準(FISC安全対策基準)」等の厳しい基準があり、それらを満たさなければクラウドサービスを採用することは難しいとされています。

Microsoft Azureは、国内の第三者機関による「金融機関向けMicrosoft Azure対応セキュリティリファレンス」にて、FISC安全対策基準への適合状況が公開されています。

FISC安全対策基準への適合状況が公開されているクラウドサービスは限られていますので(最新版である第9版への適合状況を公開しているのはMicrosoftとGoogleのみ)、近年では金融業界でもMicrosoft Azureを選択する企業が増えてきました。

有料ですが、FISCの安全基準、対策について詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(第9版)【PDF版】

厳しい自主基準を持つ金融業界でも利用されているMicrosoft Azureは、信頼性のあるクラウドサービスとして注目を集めており、金融業界のみならず医療業界や政府機関においても導入が進んでいます。

Microsoft Azureを学ぶには:Microsoft Learn

Microsoft社では、Azureのサービスの種類や使い方について、オンラインで学習できるサイトを準備しています。

Microsoft Learn:https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/

無料とは思えないほどコンテンツが充実しており、カリキュラムによってはブラウザからハンズオンも可能となっています。また、Azureのアカウントには無料利用枠があり、登録により一定の期間(もしくは一定の課金額に達するまで)、試しに使ってみることができます。学習サイトで学びながら、実際にAzureの全機能を試すことができますので、他のクラウドサービスと使い勝手を比べてみるのもいいかもしれません。

終わりに

クラウドサービスといえばAWSが先行してきた印象はありますが、各社が独自の特色を出して追従してきています。特にWindowsやOfficeなど、企業系製品に高いシェアを誇るMicrosoft社は、それらの製品とクラウドサービスの連携において大きなアドバンテージがあり、注目を集めています。今後も企業におけるクラウド利用の流れは加速していくと思われますので、各クラウドサービスの動向からは目を離せません。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

ビジネスの成功に導くWebシステム開発

ユーザー体験をデザインし お客様のビジネスを成功へ導く

官公庁・大企業・中小企業・スタートアップ。
豊富な開発経験で幅広いニーズに対応、国内完結だからこその安全とスピード。
提案、設計、開発、テスト、保守、リニューアル、機能追加。あらゆるフェーズから参画いたします。

サックルのWebシステム開発

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY