システム運用とシステム保守とは?両方の違いなどを解説します

システム開発

INDEX

私たちが日常的に使っているパソコンのネットワークやシステムが正常に作動し続けているのは、そのネットワークを管理している担当者が常にシステム運用やシステム保守を行っているからです。もしトラブルが発生したとしても迅速に対応するため、大きなトラブルに悩まされることなく活用していけるのがポイントです。

では、システム運用やシステム保守は一体何をしているのか気になった人もいるのではないでしょうか。ここでは、システム運用やシステム保守の作業内容、違いなどについてご説明しましょう。

システム運用・システム保守とは?

そもそもシステム運用・システム保守とはどのような作業を行うのか気になる人もいるでしょう。システムが正常に作動し続けるように運用・保守を行うものなので、一見すると地味な仕事に感じられるかもしれませんが、システムが正常に稼働し続けるために絶対になくてはならない仕事です。

それでは、システム運用・システム保守の作業内容などをご説明しましょう。

システム運用


システム運用とは、簡単に言えば運用しているシステムが動作を停止しないようにする業務のことです。システム運用で行われる業務は、以下の通りです。

・サーバーが正常に起動・停止しているかの確認
・アプリケーションが正常に動作しているか
・毎日決まった時間にデータの出力や入力を行うこと
・データのバックアップを取ること
・システムに異常が出ないかの監視作業
・外部からのサイバー攻撃やアクセス数が急激に増えた時の対応

意外と簡単そうに見えて、実は24時間体制でずっと監視作業を続けていなければなりません。というのも、アクセス数が少ない時はそこまで忙しくなりませんが、アクセス数が一定以上、もしくは急激に増える時は24時間常に監視していないとサーバーがダウンしたり、接続できなかったりと何らかのトラブルが起こる可能性があります。

システム運用の担当者はサイトの利用者が安心して快適に利用できるように監視するのが主な役割です。トラブルが起きた時はシステム保守の担当者に任せることになりますが、それまでは迅速に対応できるようにスタンバイしていなければなりません。

未然にトラブルを防ぐことができれば、システム保守の担当者の仕事を減らすことができます。

システム保守


システム保守とは、簡単に言えば運用しているシステムに何らかの不具合が発生した時に対応する業務のことです。システム保守の担当者が行う業務は、主に以下の通りです。

・システムのアップデート
・不具合・トラブルの原因究明作業
・不具合・トラブルの修正・復旧作業
・新しいプログラムやシステムの導入

基本的にシステム保守の担当者は何らかの不具合やトラブルが起きた時に原因を突き止め、修正や復旧作業を行います。ただ、一見すると簡単な仕事に感じるかもしれませんが、システム保守の業務は並大抵の知識や技術ではカバーしきれないところが非常に多く、想定外のトラブルや不具合が起きた時に迅速に対応できるだけの知識や技術が求められます。

不具合やトラブルが起きた原因が究明できなかったり、原因が分かったとしても修正や復旧までの時間がかかっているほどユーザーも離れてしまいます。アクセス数を維持するためには不具合やトラブルを迅速に修正・復旧することが重要です。

システム運用・保守の違いは?


システム運用と保守の境界線はしっかりと分けられているはずですが、企業によっては運用と保守の業務が一緒になっていることがあるのでシステム運用が日々の管理業務、システム保守がシステムそのものに手を加える業務であることを明確に理解していない人もいるほどです。

何故なら、システム運用と保守の業務内容は事実上兼任できるからです。ただ、そうなると運用と保守の業務内容は全く違うのに、なぜ兼任できるのか気になる人もいるでしょう。システム保守はデータのバックアップの作成や不具合の原因究明、修正・復旧と開発のような業務内容です。

システム運用と保守が兼任されるのは、どちらかと言えば業務内容よりも費用の払いやすさが最大のポイントになっています。本来であればシステム運用と保守で別々に報酬を支払う必要性がありますが、アフターサービスとしてシステム運用と保守を行った報酬を支払う方が手間がかかりません。

ただし注意したいのは、システム運用と保守を兼任することによってどっちつかずになってしまうことです。そもそもシステム運用とシステム保守は別々に分けられてこそ上手く稼働できるのであって、1人で兼任するのはほぼ不可能です。

どこまでが運用業務でどこからが保守業務なのか境界線をハッキリさせないと、どちらか一方の業務に気を取られて疎かになってしまいます。システムを問題なく稼働させ続けるには運用と保守のバランスを保つことが必要不可欠です。

システム運用・保守に求められるスキルや資格とは?

システム運用も保守も業務を円滑に進めるためには必要不可欠なスキルや資格があります。システム運用もシステム保守もそれぞれがどんな事態に発展していっても対処できるだけのスキルや資格があれば即戦力になれるでしょう。

それでは、システム運用・システム保守を業務として行うために求められるスキルや資格についてご説明しましょう。

システム運用に求められるスキル


システム運用に求められるスキルや資格はサーバーやネットワークに関するスキルなど多くありますが、何よりも重要なのはコミュニケーションスキルです。特にコミュニケーションスキルはシステム運用を行うにあたり、システム利用者のニーズを聞き、一緒に運用している作業者の要望や不満を聞くことも重要です。

要望や不満を聞き入れることによってシステム運用の質を上げることに繋がりますし、システムに不具合やトラブルがあった時に持ち前のコミュニケーションスキルで連絡や連携を行えばシステム保守の担当者も楽ができる上にさらにトラブルによる被害を最小限に抑えることができるでしょう。

後はシステム運用を行うにあたり、基本情報技術者試験に合格するのが望ましいです。これはプログラムに関する基本的な知識が必要なので、あらかじめ何らかのプログラミング言語ができてる状態にしましょう。

システム保守に求められるスキル


システム保守に求められるのは、高いコミュニケーションスキルとシステムに関する深い知識と技術です。システム運用と同様にシステム保守には、システムに関する問い合わせに対して正確に答えなければなりません。

他にも不具合やトラブルが起きた時に、その原因究明をするために関係者から原因を聞き出し、状況を正確に把握して報告すると共に修正・復旧作業を行います。

システム保守に必要な資格はCCENT、CCNA、CCNP、CCIE、CCARといったスキルが求められます。もちろんこれら全ての資格が求められるわけではないので、まずはCCENTやCCNAの取得から目指すのがおすすめです。

まとめ

システム運用もシステム保守もシステムを安心して利用してもらうため、快適に利用してもらうために必要不可欠な業務です。地味な作業に思う人もいるかもしれませんが、運用や保守がしっかり行き届いているからこそ私たちは安心して数多のサイトのサービスが利用できています。

24時間の監視作業や不具合やトラブルの原因究明、修正・復旧など忙しさを極めるでしょう。システム運用やシステム保守の担当者になりたいなら、相応の知識や技術、資格が求められます。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

ビジネスの成功に導くWebシステム開発

ユーザー体験をデザインし お客様のビジネスを成功へ導く

官公庁・大企業・中小企業・スタートアップ。
豊富な開発経験で幅広いニーズに対応、国内完結だからこその安全とスピード。
提案、設計、開発、テスト、保守、リニューアル、機能追加。あらゆるフェーズから参画いたします。

サックルのWebシステム開発

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY