レスポンシブウェブデザインとは?SEOに効果的といわれる理由

デザイン Webデザイン

INDEX

インターネットサイトを運営している場合、自分が運営するサイトをスマートフォン対応にするべきなのかと悩むケースもあるでしょう。しかし、SEOの観点から見ても、スマートフォンから閲覧した場合とパソコンから閲覧した場合に、自動的に画面を最適化する方法を取り入れることが大切です。
そこで、サイトを自動で最適化する「レスポンシブウェブデザイン」とは何か、また、レスポンシブウェブデザインのメリットとデメリットについて解説します。

レスポンシブウェブデザインとは

レスポンシブとは、インターネット業界において「レスポンシブウェブデザイン」「レスポンシブ化」や「レスポンシブ対応」とも呼ばれ、インターネットサイトを閲覧しているデバイスごとに適切な状態でコンテンツを表示させることです。
スマートフォンが普及したことによって、インターネットサイトを閲覧する人は様々なデバイスからサイトを訪問します。デバイスごとに画面のサイズも異なり、閲覧するデバイスごとにインターネットサイトがどのように見えるのかにも違いがあるのです。
そのため、どのようなデバイスでアクセスしても最適に見えるよう、自動的にコンテンツのデザインが変換される仕組みをレスポンシブウェブデザインと呼びます。

レスポンシブウェブデザインがSEOに効果的といわれる理由

レスポンシブウェブデザインはSEOにどのような効果があるのか、疑問を抱く人も多いでしょう。そこで、なぜレスポンシブウェブデザインにすることがSEOに効果的なのかを解説します。

Googleの評価を統一できる


インターネットサイトは、Googleの評価によって検索順位が変動します。最近は少なくなりましたが各デバイスで閲覧できるコンテンツが異なったり、特定のデバイスでの表示にしか対応していないデザインの場合、検索エンジンによる評価が下がる傾向にあります。
しかし、レスポンシブウェブデザインにすることで、ひとつのファイルで様々なデバイスに対応できるため、Googleの評価を高めることにつながります。

SEOに直接効果があるわけではない


レスポンシブウェブデザインは、スマートフォンといったモバイル端末で、インターネットサイトをスピーディーに閲覧できるように最適化されます。モバイル端末でスムーズに閲覧できるように最適化することがGoogleから推奨されている方法であることも、レスポンシブウェブデザインがSEOに効果が期待できるといわれている理由のひとつです。
もちろん、レスポンシブウェブデザインは操作性に関する評価を上げることにつながりますが、レスポンシブ化することが100% 、SEOに効果的ということではありません。あくまでもサイトの「デザイン」のひとつであり、ページの評価を分散させずに済むという点においてSEOに効果的であるということを認識しておきましょう。

レスポンシブウェブデザインのメリット

スマートフォンやタブレットといったモバイル端末が普及したことによって、インターネットサイトを閲覧する際は、パソコンではなくモバイルでアクセスするケースが多くなりました。
レスポンシブウェブデザインにすることには、どのようなメリットとデメリットがあるのかも知っておくことが大切です。メリットとデメリットを比較することによって、自分が運営しているインターネットサイトがレスポンシブウェブデザインに適しているのかどうかを判断することにもつながるでしょう。まずは、レスポンシブウェブデザインのメリットから解説します。

SEOにおけるリスク軽減できる


レスポンシブウェブデザインは、HTMLがひとつになることが特徴です。そのため、パソコンとスマートフォンでコンテンツの評価に差が生じる確率が低くなります。デバイスごとの検索順位の差異も小さくなります。
検索エンジはモバイルサイトを優先して評価する傾向にあるため、パソコンにはあるコンテンツがモバイルの方にはないとなると、コンテンツが評価されにくくなります。
レスポンシブウェブデザインにすることによって、モバイルとPCのどちらにも対応できるため、SEOにおけるリスクが低くなることがメリットだといえるでしょう。

リンクをシェアされやすい


レスポンシブウェブデザインにすることによって、どのデバイスからアクセスしても同じURLになるため、デバイスごとに異なるURLをリンクしたりシェアしたりする必要がありません。URLがひとつになることで、被リンクやシェアをしやすいことがメリットです。

レスポンシブウェブデザインのデメリット

レスポンシブウェブデザインすることによるデメリットについて紹介します。

文章や画像の調整に手間がかかる


モバイル端末とパソコンでは画面のサイズが違うため、表示可能なコンテンツのボリュームにも違いがあります。サイズが異なることによって、コンテンツの表示が制限されたり、サイズ変更が必要になったりします。
しかし、コンテンツを減らすことはSEOにおいてリスクが高く、お勧めできる方法ではありません。タップすることによってサイズを変更したり表示を変えたりなど、コンテンツの調整を行う必要があります。

レスポンシブウェブデザインはSEOに有効な手法

レスポンシブウェブデザインは、SEOに効果的な手法のひとつです。自分が運営しているインターネットサイトがスマートフォンに対応していない場合は、サイトを運営している目的、サイト全体のデザインやターゲットとなるユーザーなど様々な観点から、レスポンシブウェブデザインにするかどうかを検討しましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

想いが伝わるWebデザイン

お客様と共に永く愛されるWebサイトを創る

サイト制作やサイトリニューアル、ロゴ制作などを通して貴社の想いや目的をしっかり具現化いたします。
1つ1つのクリエイティブをこだわりを持って制作し、貴社に貢献いたします。

サックルのデザイン

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY