デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?基本や注目の理由をわかりやすく解説

2020/09/02

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?基本や注目の理由をわかりやすく解説

最近巷でよく聞くDX。

正直よくわからないという方も多いのではないでしょうか。 

そこで今回はDXについて、その定義や何故注目されているのかなどをお話していきます。

DXの基本知識を押さえたい方は是非ご一読ください。

DXとは?

■DXについて


DXとはDigital Transformationの略称(英語圏ではTransをxと省略する)です。

もともとは2004年にスウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマン氏が提唱した概念で、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という意味合いを持っています。

特に新しい考え方というわけではありませんが、後ほどお話しする理由により、ここ数年改めてDXをビジネス領域に積極的に応用しようという議論が増えてきているのです。

日本でも経済産業省がビジネスにおけるDXの定義を発表していますので、まずはそこからお話していきます。

■経済産業省のDXの定義


経済産業省はDXを以下のように定義しています。

“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること”

少し堅苦しい言い回しなので、分かりにくいかもしれませんね。

簡単に言うと「AIや5Gなどの最新のデジタル技術をフルに活用し、商品・サービス開発から組織体制に至るまでビジネス全体の効率・クオリティを高めていきましょう」ということです。

DXが注目される理由

■DXが再注目されたきっかけ


ではなぜ15年以上も前の概念がビジネス業界で再び注目されているのでしょうか。

それは経済産業省が2018年に発表した「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開」に端を発します。

そのレポートの中で今のままDXを推進しなかった場合のリスクをまとめた「2025年の崖」が提唱されたのですが、これがなかなか衝撃的な内容なのです。

■2025年の崖とは


先に紹介したレポートでは、企業社会におけるデジタルの現状について既存システムが複雑化し過ぎており、ブラックボックスになってしまっていることに触れています。

それに加え、この現状を解消しなければデジタルやデータの恩恵を授かれずに以下の3つの事象が起きると警鐘を鳴らしているのです。

①市場の変化に対応して、ビジネスモデルを柔軟・迅速に変更できずデジタル競争の敗者になる

②システムの維持・管理費が高くなり、IT予算の9割以上になり技術的負債を生む

※技術的負債:短期的な視点でシステムを開発し、結果として長期的に保守・運用費が高騰している状態。

③保守運用ができる人材が不足していき、サイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ紛失などのリスクが高まる

この3つの事象が起きた結果、2025年以降の経済的損失が12兆円/年に及ぶと推論したのです。

これが「2025年の崖」です。

かなりインパクトのある内容ですよね。

この「2025年の崖」の存在により危機感が芽生え、再度DXが注目されるようになったというわけです。

DX推進ガイドライン

この「2025年の崖」を防ぐためにはDXを推進してビジネス改革をしていく必要があるとはいえ、具体的にどう進めていけばいいのかわからないという企業も多いのが現状です。

そういった課題を解決すべく、経済産業省はDXを推進するためのガイドラインを策定しています。

■DX推進ガイドラインとは


DXレポートの提言をもとに、DXの実現やその基盤となるITシステムの構築を行っていく上で、経営者が押さえるべき事項を明確にすること取締役会や株主がDXの取り組みをチェックする上で活用できるものとすることを目的として策定されたガイドライン。

ガイドラインの内容としては大きく2つに分かれています。

①DX推進のための経営のあり方、仕組み

DX推進を実現していくための前提となる経営や仕組みについて、どういう状態が望ましいのかという点にフォーカスした内容です。

具体的には

・経営戦略・ビジョンを明確にすること
・経営トップのDX推進に対する強いコミットメントの必要性
・IT投資への意思決定の仕組み

などについて言及しています。

 

②DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築

DXの肝となるITシステムを構築するための体制やプロセスを解説しています。

具体的に挙げると

・全社横断的なITシステム構築のための体制を作る
・事業部門のオーナーシップと要件定義能力
・既存のITシステムの仕分けについて

といった内容があります。

こういったDXを推進していく上での必要になるアプローチやアクションの他にも、よくある失敗パターンも記載されており、先述の通りチェックリストとしても有用となっています。

ちなみにDXを推進するための具体的な方法や事例などを知りたい方はコチラの記事も参考にしてみてください。

関連記事:DX推進を成功させるために知るべき基本知識

DXを実現するための主要なテクノロジー

最後にこれからDXを推進していくにあたり、主役となるであろうテクノロジーを4つ紹介しておきたいと思います。

■AI


まず挙げられるのがAI、いわゆる人工知能です。

アルゴリズムや適切なデータを学習させることで、言葉の理解に始まり、推論や問題解決といったこれまで人間にしかできなかった知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術を指しています。

AIはすでに実用化されており、業務効率を上げるためにRPAなどを活用している企業も多いのではないでしょうか。

■5G


第5世代移動通信システム、通称5GもこれからのDXには欠かせない技術になるでしょう。

2020年から本格的にサービスが開始されていますね。

5Gは4Gと比べ、以下の3つの特徴を持っています。

①超高速化
②超多数同時接続
③超低遅延

これにより4Kや8Kといった高解像度の動画配信サービスがさらに加速したり、後述するIoTの普及が進んだり、自動運転技術が向上したりすると期待されています。

■IoT


さきほど登場したIoTも外せません。

Internet of Thingsの略で、モノのインターネットと訳されます。

従来インターネットに接続されていなかった住宅や家電、電子機器、センサーなどをインターネットでつなげ、相互に通信して制御する仕組みを指します。

すでに外出先からエアコンを動かしたり、照明のON/OFFをコントロールしたりできる技術は普及していますが、先述の5Gの登場によりさらに一般化していくことが予想されます。

参考記事:IoTとは何か とっさに説明できますか? 事例つきで分かりやすく解説します

■クラウド


クラウドコンピューティングもすでに業界問わず普及している技術ではありますが、DXの主軸となることは間違いないでしょう。

ネットワークを通じてサービスを利用したり提供したりする技術のことを指し、これまでのサーバーやソフトウェアが不要になるため、大幅なコストダウンにつながり、すでにIT業界では主流になってきています。

例えば、これまでオフィスワークと言えばMicrosoftの提供するOfficeシリーズでしたが、今ではofficeシリーズとほぼ同様のことができるGoogleのクラウドサービスG Suitの利用者数が増え一般化していますね。

まとめ

いかがでしたか?

DXは日本経済を発展させる上で必須と言える取り組みということがわかっていただけたのではないでしょうか。

この記事が皆様のDXへの初めの一歩になれば幸いです。

DX推進に貢献するシステム開発

三本の矢で力強く推進するサックルのDX戦略で時代の先頭をひた走る

システムの統合や刷新で2025年の崖に対応。開発、デザイン、マーケティングのスペシャリストが結集して全方位のDXを力強く実現します。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。