フリーランスはどこかのコミュニティに所属すべき?コミュニティサイトの紹介も

フリーランス フリーランスライフ

INDEX

フリーランスとして活動していく上で、いずれかのコミュニティへの参加は重要です。組織が苦手でフリーランスになったのに、と考える人も多いかと思いますが、一人でフリーランス活動を進めていくのは効率的ではありません。

フリーランス向けのコミュニティは、会社員なみの福利厚生が付帯しているサービスから、コニュニケーションに特化したオンラインサロンなどさまざまです。

記事では、コミュニティに参加するメリットと、コミュニティの紹介をしています。

今後のフリーランス活動について、悩んでいる人は、ぜひ記事内容をご確認ください。

フリーランスにコミュニティが必要な理由とは?

フリーランスとして活動していく上で、参加できるコミュニティの存在はとても重要です。
コミュニティが必要な理由を以下4点、紹介します。

  1. 情報や案件を共有するため

  2. 悩みや心配事を解決できるかも?

  3. 孤独対策とモチベーションの維持

  4. 横のつながりがフリーランスの明暗を分ける


情報や案件を共有するため


フリーランスは基本的に横のつながりで仕事を獲得していきます。最近では、クラウドソーシングから案件を獲得できるようになりましたが、フリーランスとして活動していくための柱となる案件は、クラウドソーシングでは得にくいです。
コミュニティに所属して、横のつながりを広げていけば、案件を紹介してもらえる機会が多くなります。
コミュニティの中で、チームで進める案件があれば参加させてもらえたり、多くの仕事を抱えすぎて手が回らなくなったフリーランスの手伝いをしたりなど、得られるメリットは多くなります。

悩みや心配事を解決できるかも?


フリーランスは、基本的に組織に属さずに一人での活動を基本とします。毎日一人で仕事と向き合っていると、不安や悩みが募りがちです。仕事でのトラブルなど、困ったことに遭遇した時も一人で対応しなければいけません。
フリーランスにありがちな悩みや困りごとは、コミュニティに所属していれば解決方法を共有できるため、とても心強いです。
自分が今直面している悩みやトラブルは、他のフリーランスも経験済み、もしくはすでに解決済み、ということはよくあります。
わからないことが多く、不安でいっぱいの駆け出しのフリーランスこそ、コミュニティへ参加したほうが良いでしょう。

孤独対策とモチベーションの維持


孤独やモチベーションの維持は、悩みや相談の問題と共通する課題です。
フリーランスは一人で活動するため、基本的には孤独です。管理してくれる人もいないので、モチベーションのコントロールは自分で行う必要があります。コワーキングスペースやカフェなど、仕事場所の選択も効果的ですが、同じフリーランス同士の交流にはかないません。
毎日のタスクや消化率など、活発な仕事内容の報告がなされているコミュニティに所属していれば、自分の仕事量を客観視することができ、モチベーションにつながる可能性もあります。

横のつながりがフリーランスの明暗を分ける


クラウドソーシングを使って副業をしている程度であれば、さほど横のつながりを意識せずとも、問題はありません。
組織に所属しないフリーランスの場合、フリーランスとして参加できるコミュニティへの所属が、やがては明暗を分けることになるでしょう。
仕事が少ない時期は紹介して貰うこともでき、仕事が多すぎるときは、あえて他の人へ仕事をふることで多くの報酬を得ることも可能です。
周りからの信頼を獲得していくうちに、単価の高い仕事を紹介してもらえるチャンスも増えてくるでしょう。
フリーランスとして仕事を続けるほどに、コミュニティの重要度は大きくなるばかりです。

フリーランス向けコミュニティ4選



フリーランス活動に役立つと思われる4つのサイトを以下に紹介します。

  1. フリーランス協会

  2. 新しい働き方labo

  3. 全国個人事業主支援協会

  4. DMMオンラインサロン


フリーランス協会


フリーランス協会のサイトをチェックする

フリーランス協会は、サポート体制や福利厚生が充実しています。無料会員と有料会員があり、有料会員になると年会費1万円で賠償責任保険に加入できます。
その他、会計ソフトやコワーキングスペースが割安で利用できる特典も。
宿泊施設や美容グッズの割引プランもあります。
無料会員もさることながら、有料会員の年会費1万円で受けられるベネフィットがかなりあるため、本格的にフリーランスとして活動するなら加入を検討してみてはいかがでしょうか。

新しい働き方labo


新しい働き方laboのサイトをチェックする

クラウドソーシングサイトのLancersが提供するフリーランスコミュニティです。定期的にウェビナーやワークショップを開催しており、たくさんのフリーランスの仕事内容を共有できます。
イベントも多く開催されており、活用方法は人それぞれですが、個人的にはワークショップやウェビナーがとても魅力的に感じました。
同じジャンルで稼いでいるフリーランスの人が、どのように仕事を獲得し、タスクを消化しているのか、詳細を知ると大いに参考になるでしょう。

全国個人事業主支援協会


全国個人事業主支援協会のサイトをチェックする

個人事業主の地位向上のために設立された一般社団法人です。
個人事業主に関する情報発信や、チーム単位での案件受注、新規事業の創出など、小さな個人事業主から事業規模を拡大する段階で、大いに役立ちそうなコミュニティです。
個人店を経営している個人事業主など、様々な事業を運営している人たちが集っています。フリーランスにありがちな困りごとの多くは、相談することで解決できるのではないでしょうか。

DMMオンラインサロン


DMMオンラインサロンのサイトをチェックする

オンラインサロンはコミュニティに特化した場所です。フリーランスにうれしい福利厚生などは一切ありません。
オンラインサロンは、最近のトレンドとなっており、著名人を始めとしてさまざまな人が開設しています。活動が活発なオンラインサロンでは、参加することでスキルや知識を身に着けたり、同じ趣味を持つ人と繋がったりすることができます。
オンラインサロンは、主催者によってかなり雰囲気が異なるため、事前によく調べてから利用するようにしましょう。

まとめ



フリーランスとして生きていくには、何かしらのコミュニティに所属しておいたほうが良いでしょう。

案件の紹介や、仕事の共有、困りごとや不安の解消など多くのメリットが得られます。フリーランス向けのコミュニティでは、福利厚生が充実していることも多く、人以外の恩恵も受けることができます。

オンラインサロンもコミュニティの一つですが、コミュニティごとに大きく雰囲気が異なります。まずは、フリーランスをサポートするような、コミニュティに参加しておくと良いでしょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

すべての顧客体験をデザイン

顧客のニーズを洞察し 逆算で組み立てるUIUX×マーケティング戦略

徹底したヒアリングと調査・分析により課題と目的を明確化
フェーズごとのアウトプットとワークショップの実施でベストプラクティスを導き出す
ユーザー体験を緻密に描くUIUX設計
ウェブサイトの制作・リニューアルから運用代行によるパフォーマンスの改善
豊富な実績 独自のノウハウとワークフローでビジネスのゴールを実現

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY