Webマーケティング基礎 -リスティング広告導入-

2017/11/21

Webマーケティング基礎 -リスティング広告導入-

リスティング広告の概要

Webサイトの集客を考えるうえで、もはやなくてはならない要素となりつつあるリスティング広告。
SEO(検索エンジン最適化)や純広告の出稿、SNS経由の集客などももちろん重要ですが、より迅速に、かつ確かな成果を上げたい場合は、リスティング広告が強い味方となります。
この記事では、これからリスティング広告に取り組もうと考えている方に向けて、リスティング広告の概要、利点、取り組みについて説明していきたいと思います。

リスティング広告とは


リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でユーザーがあるキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。
「掲載される場所は、下記の図をご参照ください。」



上記の図の赤で囲まれたところがリスティング広告であり、テキストの下の「広告」という文字がリスティング広告の印です。

広告をクリックするとランディングページというページに飛びます。
そこでユーザーが無料相談や電話、購入などのアクションを起こしてもらうことが理想的なリスティング広告の流れになります。

リスティング広告の利点

Webサイトと違い実際にコストが発生するリスティング広告は一体どんな効果があるのか、ここではリスティング広告の優れている4つの点をご紹介します。

【特定のユーザーに配信できる】
リスティング広告とはキーワードを設定して、そのキーワードを検索したユーザーに表示させるというものです。
また、場所、配信する曜日、時間帯も設定する事ができるのでかなり絞られたユーザーに広告を表示する事ができます。

【集客の安定性が高い】
リスティング広告は一度設定をしてしまえば今後数ヶ月、数年と毎日自動的に集客してくれます。
リスティング広告を継続的に且つ成果を出し続けるのであれば毎週、毎月といったサイクルで効果検証や費用対効果、キーワードや広告の見直し、あるいはLPOが必要となります。

また、広告費をある程度払い、広告自体の質が良ければ確実に検索順位が上位になります。(広告の質も検索ページの順位に関係します。)
一般的なサイトは上位にサイトを載せるためのSEO対策やコンテンツマーケティングが必要になってきます。
しかも検索順位を決める基準(アルゴリズム)が変わってしまえば一気に検索順位が落ちて集客ができないという事もあります。
このようにリスティング広告は不安定な要素が少ないため日々の集客数も比較的安定しています。
この安定感により1ヶ月、2ヶ月の売り上げの予想も立てやすく先を見通してビジネスを進める事ができます。

【リスクが小さい】
⑴クリック課金型広告
リスティング広告でかかる料金は広告が1回クリックされるごとに費用が
発生する「クリック課金制」になっています。
全くクリックされなかったら払う必要はないし、見られたら見られた分払うというとても合理的な設定になっています。
故にこの「ぼったくりはない」という事がリスクが小さいと言えます。

⑵1日の広告予算を設定する事ができる
リスティング広告は1日にいくらまで広告費を支払うかを広告主の希望で決める事ができます。
「1クリック30円以下で1日1万円の予算内で広告配信する」というように設定できます。

このように広告主のビジネスの規模や収益率などに合わせて利用する事ができます。また広告予算はいつでも変更可能なので利益に合わせて広告費を拡大していける事もリスクが小さいと言えるでしょう。

【結果が数字として可視化できる】
従来の広告である新聞やCMなどでは正確に効果を知ることができませんでした。
しかし、リスティング広告は様々な結果が数字で可視化できます。
正確な結果がわかることで的確な改善がしやすくなります。

リスティング広告のポイント

ここでは実際に運用していく中でのポイントを4点あげます。
1.入札単価
入札単価は検索順位に関係しているので上位を狙うためにとても大切なところです。1日に使える予算とキーワードのボリュームから適切な値段を決める事が大切です。

2.キーワード選定
ターゲットしている人達が検索するであろうキーワードをボリュームやクリック単価を意識しながら選定する事が重要です。
キーワードのボリューム、クリック単価がわかるGoogleキーワードプランナーなどを使いキーワードを設定していく事がいいでしょう。

3.広告テキスト文
広告テキストとは検索した時に出てくる広告の文章の事です。
[見出し1_見出し2]という構成になっています。
文字数はそれぞれ15文字ずつの計30文字となっています。
限られた文章の中でどれだけユーザーのニーズや課題を吸い上げ、伝わり文章を書けるかが重要となります。

4.PDCAサイクル
そして最後に最も重要なPDCAサイクルです。
Plan…計画する

Do…実行する

Check…評価する(振り返る)

Act…改善する

PDCAサイクルとは事業活動を上記の流れで継続的に続けていく事を言いActが終わったらまたPlanに戻り矢印に沿って継続していきます。
これを実行することで改善しながら事業を進めていく事ができます。

そしてリスティング広告はすぐに結果となるデータが手に入ります。故に正確でスピーディなPDCAが回しやすいと言えます。
キーワード選定、タイトル、広告文、クリック単価など仮定と結果を比べながら改善する事が重要となります。

最後に・・・


リスティング広告の基本的な概要について説明をしました。
広告を出す方法は多くありますが、正確さがあり、スピーディな集客をするならリスティング広告が効果的だと言えます。
低コストですぐに始める事ができるのでまずは始めてみるという気持ちで始める事も良いかもしれません。

ご依頼・ご相談はこちら