デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

オンプレミスからクラウドに移行するメリット・デメリットや移行手順について解説

2020/12/28

オンプレミスからクラウドに移行するメリット・デメリットや移行手順について解説

近年、システムをオンプレミス(自社サーバ)からクラウドへ移行する企業が増えています。

まだクラウドへ移行していない企業も、運用コスト減などのメリットを期待して、一度は検討したことがあるのではないでしょうか。
オンプレミスからクラウドへの移行は、さまざまなメリットもありますが、セキュリティを不安視する声もあります。

本記事では、オンプレミスからクラウドに移行するメリット・デメリットや、移行手順の概要について解説したいと思います。

オンプレミスからクラウドに移行するメリット

まず、オンプレミスからクラウドに移行するメリットは次の通りです。

ランニングコストが安くなる


多くの企業で、クラウドに移行する理由のひとつとして、ランニングコストの削減を挙げています。
オンプレミスの場合、自社でサーバの調達、機器のメンテナンス、障害監視、バージョンアップ対応などを行うため、人件費やベンダーとの保守契約といった運用コストがかかります。クラウドに移行すると、これらの大部分はクラウド業者に任せることができるため、運用コストを下げることが可能です。

柔軟にサーバを増やすことが可能


オンプレミスでは、新しいシステムやWebサービスを立ち上げるとき、既存サーバに空きがない場合は、別途サーバの購入やリースを行わなければならず、時間がかかってしまいます。
一方、クラウドでは、簡単にサーバの増設や増強ができ、すぐに利用することが可能です。また、一時的にアクセスアップが予想される時は、その期間だけサーバを増やすこともでき、柔軟に運用することも可能です。

ハードウェア障害を自社で対応しなくて良い


オンプレミスの場合、ハードウェア障害が発生した場合、自社で復旧作業が必要です。体制によっては、復旧に時間がかかり、長時間業務をとめてしまう可能性があります。
一方、クラウドの場合、ハードウェア障害が発生した場合、クラウド業者が対応します。対応状況は、Webサイト等で確認できるので安心です。

オンプレミスからクラウドに移行するデメリット

一方、オンプレミスからクラウドに移行するデメリットは次の通りです。

セキュリティ面での懸念


オンプレミスは、自社でサーバを保有しているため、適切なセキュリティ施策を行うことによって、高度なセキュリティを担保することが可能です。一方、クラウドの場合、セキュリティ対策は業者任せになります。
近年、どのクラウド業者もセキュリティには力を入れており、安全に利用できます。また、データを暗号化して保存できるサービスもあります。

しかし、ステークホルダーや利用者から、「個人情報や機密情報をクラウド上のサーバで管理してよいのか?」といったような声も多く聞かれます。この声に対応し、重要なデータのみクラウドではなく自社サーバで管理する方式もあります。

簡単に移行できないケースもある


クラウドでは、利用できるOS、データベース、ストレージなどが決められている場合もあります。オンプレミスサーバの環境が、クラウドで提供されている環境に近い場合は、簡単に移行が可能です。
しかし、古いサーバで運用していた基幹システムや、さまざまなサーバとデータ連携している複雑なシステムでは、移行の難易度が高くなる場合もあります。この場合は、オンプレミスのままでいくことも、ひとつの選択肢です。

オンプレミスからクラウドに移行する手順

オンプレミスからクラウドに移行する場合、通常、移行計画、移行準備、本番移行といった工程があります。ここでは、それぞれの工程の概要を解説致します。

移行計画


オンプレミスからクラウドに移行するにあたっては、移行計画が非常に重要です。主に次のようなことを検討します。

・どの資産をクラウドに移行するか
・いつまでに移行するか
・どのクラウドサービスを利用するか
・移行後の運用コストを算出
・移行することによる費用対効果を検証
・移行に関するリスクの洗い出し

自社のシステム構成によって移行の難易度は変わってきます。ただ、どのような場合でも、事前の綿密な計画は必要です。自社に専門家がいない場合は、クラウド業者や、移行を得意とするシステム開発業者に委託して進めた方が安全です。

移行準備


移行準備では、本番移行で必要な作業を洗い出し、詳細な手順書やスケジュールを作成します。あわせて、本番移行後の動作確認チェックリストも用意します。
また、サーバ固有情報などがハードコーディングされている場合は、プログラム改修が必要です。
これらの準備が完了次第、リハーサルを行い、手順に問題がないかを確認します。
また、本番当日に業務停止が発生する場合は、予め関係者やユーザに周知を行います。

本番移行


事前に準備した手順に従い本番移行を行います。本番移行後、一通り動作確認を終えたら、業務を再開します。
本番移行後、一定期間は想定外の問題が起こる可能性があるため、すぐに対応できるように要員を確保することがポイントです。一定期間経過後、問題がないことを確認し、旧環境を破棄します。これで一連の移行作業が完了です。

まとめ

本記事では、オンプレミスからクラウドに移行するメリット・デメリットや、移行手順の概要について解説しました。

クラウドに移行するメリット・デメリットはそれぞれありますが、多くの企業ではクラウドに移行したことによって運用コストの削減に成功しています。
もし、オンプレミス運用においてさまざまな課題があるのであれば、一度クラウドへの移行を検討してみてはいかがでしょうか。

堂々の実績 Sackleのシステム開発

ユーザー体験をデザインし お客様のビジネスを成功へ導く

単なる機能ではなく、「人が使う」機能であることにSackleはこだわります。孤高の設計力、提案力で予想以上のプロダクトを創出します。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。