デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

プロジェクトマネージャーとは?役割や目指し方、年収までをご紹介

2021/02/23

プロジェクトマネージャーとは?役割や目指し方、年収までをご紹介

プログラマーからスタートし、システムエンジニア、プロジェクトマネージャへとキャリアを積んでいくITエンジニアは多いでしょう。

エンジニアの場合は、プログラマでもシステムエンジニアでも、何かしらのプロジェクトに関わっている事が多いので、プロジェクトマネージャの役割や仕事を身近に見ているのでイメージが付きやすいかもしれません。

とはいえ、プロジェクトマネージャの仕事は多岐に渡り、見えていない部分も多いものです。

プロジェクトマネージャーを目指している、プロジェクトを任されてしまった、という方向けに、役割や仕事内容、スキルの身につけ方などをご紹介していきます。

プロジェクトマネージャーの役割とは?

プロジェクトマネージャーとは、言葉の通り「プロジェクトを管理、調整する人」です。

教科書的な例で「役割」をあげていくと

・顧客やプロダクトオーナーとの窓口・取りまとめ・調整役

・スコープ管理(要件定義)

・コスト管理

・スケジュール管理

・組織管理

・コミュニケーション管理

・品質管理

・変更管理

・リスク管理

などの役割があります。これらはなんとなくイメージの付く方が多いでしょう。

 

このように見ると管理系の上層の仕事のように見えますが、実際プロジェクトがスタートすると、実はもっと泥臭い仕事です。

プロジェクトマネージャーを、より現場感のあるリアルな言葉で説明すると

「プロジェクトを成功させるために、なんでもする人」といった所です。

この「なんでも」が、本当に「なんでも」なのです。

 

プロジェクトマネージャーを「偉い」と勘違いしてしまう人もいますが、良いプロジェクトマネージャーとは「サーバントリーダーシップ」が取れる人です。

「サーバント=使用人」の意味の通り、上記、例で列挙した管理系の役割に加え、プロジェクトマネージャは、チームが働きやすい、動きやすい、開発しやすいように支援し、環境を作り・整えながら、最終的には顧客に正しいプロダクトを提供する役割です。

 

例えば、

・プログラマーのPCスペックが低く、ビルドに時間がかかりストレスを感じているので予算を調整して新しいマシンを与える。

・チーム内の情報共有がうまくいっておらずギスギスしているので、飲み会やランチ、朝会など、コミュニケーションの場を設けたり、繋いだりする。

・開発途中で顧客に報告が必要な問題が発生したとき、エンジニアの難解な説明をわかりやすく顧客に伝え納得して貰い、代案を検討・実施する。

・バグをすぐ出すエンジニアに周りが迷惑しているとき、定期的なコードレビューなどの仕組みやルールを作って運用をチームに浸透させ全体のスキルアップを図る。

・顧客の無茶な要求をそのままエンジニアにスルーして渡すのではなく、一旦受け止め、返せるものは返しながら、チームの負荷を減らす。

・開発視点で見たとき作りにくい、あるいは意味がないと思われる顧客からの要求仕様を、うまくシンプルな構造の仕様にするよう顧客を導き、調整してからチームに渡す。

 

など、大小様々です。

これら全てをひとりではできませんし、ひとりで頑張る必要はありません。

プロジェクトマネージャーは、他の人に任せられるところは任せ、周りに協力を仰ぎながら、より優先度・重要度の高いタスクをきちんとこなす必要があります。

ひとりで頑張りすぎてしまうと、かえってチームがしらける場合もあり、この「任せる」もスキルのひとつです。

大事なことは、その泥臭い部分に気づいて何らか対処することで、全てを自分でやることではありません。

そして、プロジェクトマネージャーとは、単なる「ロール」(役割)にすぎず、チームの中で「偉い」訳ではない事を肝に銘じて「それは私の仕事ではない」「とにかくやれ」というようなマネジメントにならないように気をつけましょう。

プロジェクトマネージャーになるには?

基礎を本などで学ぶということも必要ですが、それと共に、一番早い道は「名乗りをあげること」です。

社内などでプロジェクトマネージャが必要になったときに、手を挙げて経験を積む。これが一番です。

とはいえ、経験ゼロで、更にエンジニアでもない場合は、プロジェクトマネージャとして選ばれる事は難しいでしょう。

その場合は、少しずつでもレールに乗れるよう手をうつことです。

・学びたいことを上司やリーダーに伝える

・プロジェクトマネージャのサブにつかせて貰う

・プロジェクトマネージャが出る打合せに出させて貰い、どのような発言や判断、行動をしているのか観察・質問して学ぶ

・プロジェクトマネージャの仕事の一部を任せて貰う

・経験のあるプロジェクトマネージャーに指導役について貰う

などで道を切り開いていきましょう。

プロジェクトマネージメントを学ぶには。スキルアップ方法はある?

ただ手を挙げて役割を得ても、知識も基礎もないと失敗し、顧客やチーム、会社に迷惑をかけてしまいます。

すでに積み上げられてきた先人の知識をできるだけ多く、継続的に学び続ける必要があります。

 

①プロジェクトマネージャに関する本を読む


知識を増やし、アンチパターンをやってしまわないためにインプットを増やしましょう。

マネジメントの本はもちろん、実際のプロジェクトを語った本なども非常にためになります。

 

②セミナーや講習、研修、コミュニティに参加する


セミナーや研修は何でも良いわけではなく、事前に調査し、良いものを探す必要があります。

①で良い本に出会ったら、その著者の講習がないか探してみるのも良いでしょう。

コミュニティは、最新の動向や他の現場の成功や失敗を知る宝庫です。

会社間で横の繋がりができたり、社内では相談できる相手がいない場合でも、同じ立場の集まりのコミュニティでは多くの人がヒントやアイデアを惜しみなく提供してくれるので、是非参加するべきです。

最近はオンラインの勉強会やコニュニティが多くありますから、臆せず足を踏み入れてみましょう。

 

③PMBOKなどでプロジェクトマネジメントの体系を知る


PMBOK(Project Management Body of Knowledge)はプロジェクトマネジメント知識体系ガイドの英略で、世界標準の知識体系で、一度は目を通して知っておくべきものです。

PMP試験というのもあるので、挑戦してみるのも良いでしょう。

 

④高度情報処理技術者試験に含まれるプロジェクトマネージャ試験の勉強をする


既に社会人の方にはオススメしませんが、学生の場合は試験勉強を頑張った、知識があるという点で評価され、就職の武器になります。

中堅の社会人のジョブチェンジや転職で有利になるかというと、ほぼ意味はなく、知識よりも経験が重視される事が多いでしょう。

 

①→④が推奨順です。

そして、大事なことは、得た知識のうち良いと思ったものを、どんどん現場で実践し、試してみることです。

うまくいかなければ、すぐその方法を辞めればよいだけで、うまくいかないと知れた事自体が経験値になります。

まとめ

プロジェクトマネージャの役割、なんとなくご理解いただけたでしょうか。

要は「なんでもやさん」になる、いざとなったら自分がやる覚悟、責任を取る覚悟でプロジェクトを成功に導く、プロジェクトには必ず必要な存在です。

プロジェクトの運営の難しさから、プロジェクトマネージャ職は一般的に年収も高く、500〜1000万円と言われているので、金銭面でも満足を得られるでしょう。

プロジェクトの大小に関わらず、大変な役割ではありますが、プロダクトの成長、チームの成長の舵取りができる非常にやりがいのある仕事です。

プログラミングが好きで生涯現役でいたいというエンジニアでも、ものづくりが好きであれば、是非挑戦して欲しい職種です。

堂々の実績 Sackleのシステム開発

ユーザー体験をデザインし お客様のビジネスを成功へ導く

単なる機能ではなく、「人が使う」機能であることにSackleはこだわります。孤高の設計力、提案力で予想以上のプロダクトを創出します。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。