サーバーとは何か?種類や用途を簡単に紹介

システム開発 インフラ

INDEX

サーバーという言葉を耳にする機会が多いと思います。しかし、サーバーの意味を尋ねられると答えに困るということはありませんか?実は、サーバーと一言で言っても、種類や用途に応じて異なります。

 

この記事では、サーバーの意味や種類、用途について解説します。

サーバーとは何か?

まずはサーバーについて説明します。

サーバーとは?


サーバー(Server)とは、「PCやスマホなどの端末からの要求に応えて処理を実行するコンピューターやプログラム」を表します。代表的な例として、ホームページなどを格納しているWebサーバーやメールなどを処理するメールサーバー、データを格納しているデータベースサーバーなどがあります。「サービスの提供者」と考えるとイメージしやすいでしょう。

クライアント


クライアントとは、データの参照や処理の実行など、サーバーに対して要求を行ったり、サーバーからの結果を受け取るコンピューターやアプリケーションを指します。具体的にはPC、Webブラウザ、スマホアプリなどです。「サービスの利用者」と考えるとイメージしやすいでしょう。

サーバーとクライアントの具体例


具体例を示して説明します。

私たちがブラウザでホームページを閲覧するとします。
まずは、対象のホームページを閲覧するために、URLをブラウザに入力(もしくはブックマークに登録しているURLをクリック)します。クライアントであるブラウザは、インターネットを通じてURLで指定したWebサーバーにアクセスします。そして、Webサーバーは対象となるWebページ(HTML)をインターネット経由で呼び出し元のブラウザに送信します。そして、ブラウザはWebサーバーから受け取ったWebページを表示します。

この例では、ブラウザが「クライアント」、Webサーバーが「サーバー」となります。

サーバーの種類

ここではサーバーの種類について解説します。大きく分けて、サーバーには「物理サーバー」と「仮想サーバー」の2種類があります。

物理サーバー


物理サーバーとは、「1台の物理的なサーバー」を指します。具体的な例として、企業のファイルなどを管理する専用サーバーなどがあります。

物理サーバーは「専用サーバー」と「共用サーバー」の2種類に分けることができます。

「専用サーバー」とは、1台のサーバーを1つの目的で専用に使用するサーバーのことです。自由に設定やアプリケーションのインストールができる点がメリットです。また、ハードウェアを増強したい時、自由に追加できる点もメリットです。一方、サーバーの構築や運用を自分で行わないといけないため、「サーバー設置の専用スペースを設けないといけない」、「サーバーの構築費用や運用費用が高価になる」点がデメリットです。

「共用サーバー」とは、1台のサーバーを複数の利用者で共用する、いわゆるレンタルサーバーのことです。共用サーバーのメリットは、ランニングコストを抑えることができる点です。一方、共用で使用するために自由にカスタマイズできない点や、他の利用者の利用状況によっては処理に影響が出る場合があります。

仮想サーバー


一方、仮想サーバーとは、「1台のハードウェアに、分割して複数のOSを動作させ、複数のサーバーが動作しているように見せかけて稼働する仕組み」を指します。

物理サーバーを複数用意するとなると、ハードウェアも複数用意しなければなりません。そうなると費用が高くなりますし、新しいサーバーを用意する度に新たに動作環境を構築しなければなりません。

一方、仮想サーバーは1台のハードウェア上に複数の動作環境を構築できるため、新たにハードウェアを購入する必要がありません。CPUやディスクなどのリソースを有効活用できる点がメリットです。

デメリットとしては、ハードウェア障害が発生すると複数の環境が停止するなど、専用サーバーに比べて影響範囲が大きい点です。

仮想サーバーには「VPS」と「クラウドサーバー」があります。

「VPS(Virtual Private Server)」とは、“仮想専用サーバー”という意味です。1台のサーバーを複数の利用者で共用するという点は共用サーバーと同じです。しかし、1人1人にOSなどの動作環境が仮想サーバー上に構築されるため、専用サーバーほどではないにせよ、OSやアプリケーションをある程度自由に利用することができます。また、他の利用者の影響を受けづらいメリットもあります。

「クラウドサーバー」は、クラウド環境上に作られたサーバーです。代表的なクラウドサーバーには、AWS(Amazon Web Service)やマイクロソフト Azureなどがあります。複数のサーバーに分散して運用されているため、必要に応じて自由にリソースを使用することができます。このため、柔軟性が高く、運用コストを抑えることができるため、利用者が増加しています。

サーバーの用途

ここでは、サーバーの用途について紹介します。

Webサーバー


「Webサーバー」とは、WebサイトやブログなどのWebページを表示するために、HTMLやCSS、画像ファイルなどのコンテンツを格納したサーバーです。

メールサーバー


メールサーバーは、メールの送受信を行うため環境を提供するサーバーです。送信側がSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバー、受信側がPOP3(Post Office Protocol)サーバーとなっています。

データベースサーバー


データベースサーバーとは、データベース管理システムが稼働しているサーバーです。データベースにデータを格納し、データベース管理システムがクライアントからの要求に応じてデータを作成、読み取り、更新、削除を行います。

DNSサーバー


DNS(Domain Name Service)サーバーは、IPアドレスとドメインを結びつける役割を担うサーバーです。IPアドレスとは、インターネット上のサーバーを識別する番号体系であり、それをわかりやすく名前をつけたものがドメインです。例えば、yahooのURLである“https://www.yahoo.co.jp“ならば、“yahoo.co.jp”がドメインです。ドメインをIPアドレスに変換、またはIPアドレスをドメインに変換します。

FTPサーバー


FTP(File Transfer Protocol)サーバーとは、「ファイルを送受信する」役割を担うサーバーです。クライアントからの要求があった時にファイルを送信するWebサーバーと違い、利用者がPCとサーバー間でファイルのアップロードやダウンロードが可能となります。

アプリケーションサーバー


アプリケーションサーバーはクライアントからの要求でアプリケーションを実行するサーバーです。JavaScriptやPHPなどのプログラムで、データ処理や計算処理などを行います。

まとめ

この記事では、サーバーの意味や種類、用途について解説しましたが、いかがでしたか?

サーバー(Server)とは、「PCやスマホなどの端末からの要求に応えて処理を実行するコンピューターやプログラム」を表す言葉です。サーバーには大きく分けて、「物理サーバー」と「仮想サーバー」の2種類があります。物理サーバーと仮想サーバーには、それぞれメリットとデメリットがあります。

また、サーバーの用途として、「Webサーバー」、「メールサーバー」、「データベースサーバー」などがあります。特に日常生活でインターネットを利用するようになり、PCやスマホで様々なサービスを快適に利用できるのは、クライアントからの要求に対してサーバーが処理を行い、クライアントに結果を返すからです。このため、多くの企業で目的に応じて様々なサーバーの構築が行われています。

とはいえ、サーバーの構築には専門の知識やスキルが必要です。もしサーバーの構築でお悩みであるならば、弊社にお気軽にご相談ください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

堂々の実績 Sackleのシステム開発

ユーザー体験をデザインし お客様のビジネスを成功へ導く

単なる機能ではなく、「人が使う」機能であることにSackleはこだわります。
孤高の設計力、提案力で予想以上のプロダクトを創出します。

SackleのWebシステム開発について詳しく見る

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY