ENTRY
HISTORY

ステップアップのために選んだ会社が
たまたま地元だった。

SANO YUTA

ステップアップのために、地元日南のSackleへ

前職は宮崎市内でした。運用拠点でWebサイト運用、Web広告運用とチームリーダーを経験しました。仕事に手応えを感じていましたが、エンジニアリングも関わる仕事でしたので、技術力があれば多くの問題が解決できると感じていました。

ステップアップの必要性を痛感して退職を決意、独学とオンラインスクールで本格的にプログラミングの学習をスタートしました。ある程度手応えを感じ始め、そろそろ実務で技術を磨きたいと思い始めた矢先、地元日南にオフィスがあるSackleの求人を目にしました。

「未経験者でもしっかり育てます」というメッセージが心強かったですね。仙台でプログラミングスクールを運営していて、指導のノウハウが揃っている点も魅力でした。面接で代表の村井さんと直接お話できて、地方にいながら東京と同じ速度、密度で仕事ができる、成長できると感じられて、お世話になることにしました。

入社後しばらくは拠点長の遠藤さんから研修をしていただきました。言語をバリバリ使うのかと思いきや、考え方の基礎を学ぶということで、電卓や信号機のフローチャートを作成しました。簡単そうに思えて、なかなか思った通りに動かせず、何日も頭を悩ませましたね。しかし悩む過程で、「それは何か」を深掘りして考える、エンジニアの習慣が身についたと思います。

先輩エンジニアから刺激を受ける毎日

研修を終えて実務に入りました。社内の業務はプロジェクト制で行われ、各拠点の錚々たるエンジニアの方とお仕事をさせていただいてます。社内はフラットでものを言いやすく、質問にも丁寧に答えていただけます。先輩から開発全般に関する知識やプログラミングの考え方などを吸収させていただき、まだ半年ですが、入社前より確実に成長できていると実感できます。

現在は、社内プロジェクト管理システムの開発を担当しています。プロジェクトの管理を行ったり、評価制度を取り入れた社内で使うためのシステムです。業務では、設計・製造・テストを行っています。設計では、DB定義書やER図の作成、実際に作成する画面のイメージ作成やどのような機能が必要かを記載した設計書を作ります。製造では、設計書をもとに実際にコードを書いて、設計書通りに動くように実装していきます。テストでは、製造したコードが意図した通りに動いているか、不具合がないかなどをチェックリストをもとに確認します。

前職のWeb広告運用では、仮説をもとに検証を行い、結果をもとに次のアクションに繋げるというサイクルの中で、常に何が最善か、何ができるかということを考えていました。エンジニアの仕事も同じで、納期がある中で常に何が最善かを考え、次の行動につなげていく部分は、前職の経験が活かせていると思います。

楽も続けば怠慢になる

常に自分の頭で考えていたい

楽も続けば怠慢になる。

ジャイアント・キリングという漫画の中の言葉ですが、自分の頭で考えず、指示されたことをこなすだけでいると怠けてしまうよ、という意味です。思った通り、というかそれ以上に、東京のIT企業(すべてがそうではないでしょうが・・)はあらゆる面で質が高く、速度も早く、指示を待つだけだとあっという間に置いていかれると感じます。自分に何ができるか、何をしたいか、このプロダクトには何が必要か、を常に考えて、積極的に参画し、プロジェクトの中に自分の居場所を見つけていく必要があります。楽ではないですが、やはりやりがいは感じます。

今後はエンジニアとして、考えたことを正確に形にできるようになっていきたいです。高度な案件にも対応できる設計・製造・テストのスキルを身につけたいですね。その後は、身につけたエンジニアのスキルを生かして、全く別の分野と組み合わせて何か新しいことができないか、そんなことを考えています。ネットが社会に浸透するほど、できることの領域はますます広がります。様々な分野で、人が抱えている問題をITの力で解決していきたいですね。

メリハリの効いた職場で最先端のプログラミングを

Sackleという会社に入って感じたのは「メリハリ」ですね。仕事中は目の前の案件に集中して、仕事が終わるとめいっぱい遊んだりゆっくり休んだり、そんな人が多い印象です。当たり前のことですが、それを当たり前にやるのは簡単ではありません。それができるのも、仕事に集中できる環境づくりを会社としてうまくできているからだと思います。

特に日南オフィスは、土地柄というか、社員の皆さんもせかせかしていないので、心ゆくまで仕事に没頭できる環境ですね。電話もほとんどかかってきませんので(笑)

まだ入社して半年ですが、着実に成長できていると感じます。オフィスやプロジェクトのメンバーとお互いに悩みや知見を共有したり、日々新しい発見があってとてもやりがいがあります。

特にプログラミング未経験の方は不安もあるかと思いますが、無理をする必要はありませんし、皆さん親切に教えてくださいます。これからますます重要になる職種ですし、先進的なプログラミングの技術や考え方を一緒に吸収していきましょう。

ENTRY

OTHER HISTORY