ENTRY
HISTORY

求人情報を見て「自分のことだ!」と直感

HOMAN RYOSUKE

子供の頃から憧れていた職業

地元の商業高校を卒業しました。高校時代はサッカーをやっていて、昔からエンジニアに憧れていました。

嘘です(笑)。本当は消防士になりたかったんです。理由はかっこ良いから。子供の頃から消防車とか大好きでした。大人になってからは、人のために体を張れる、消防士のキリッとした姿に自分を重ねるようになりました。子供の頃の憧れがそのまま仕事になれば、こんな良いことはないですよね。

高校卒業後に試験を受けましたが、残念ながら縁がありませんでした。 落ち込みましたが、もともとクヨクヨするタイプじゃないですし、「消防士だけが仕事じゃない。世の中には人のためになる仕事がたくさんある」という祖父の言葉に背中を押されました。

そんな時、東京のプログラミング会社が日南に拠点を作ると聞いて、採用サイトを覗きに行きました。消防士の時と同じで、「エンジニア=カッコいい」というインパクトがありました。Webというスペースにどんなものでも作れる、無限の可能性というか、そういうところに魅力を感じました。募集要項の「求める人材」欄に実業系高校、情報科の方大歓迎と書いてあって、「俺のことだ」と思いましたね(笑)

訊くことをためらわない

情報科時代の経験は、多少役に立っているかもしれません。それよりも、入社してからの1年半でとても多くのことを学びました。パソコンも、もともとあまり得意ではなかったんですが、いつの間にか自分でも驚くほど使いこなせるようになっていて、もちろんまだまだですけど、理想とするカッコいいエンジニアに一歩一歩近づいていきたいと思っています。

入社後の研修でオフィスリーダーの遠藤さんにエンジニアの基礎をみっちりと教えていただきました。みっちりと言っても、サッカー部の時とは違って、自主性を重んじてもらえるので納得いくまで考えられたし、たくさん質問もしました。いつでも丁寧に教えていただきました。おかげで、他の人よりデビューまでに時間はかかったかもしれませんが、それでも3ヶ月後からは少しずつ実務の経験も積んでいます。

実務に入ってからもプロジェクトメンバーの先輩や隣の伊地知さんにいつも質問しています。最初から自分で答えを探そうとしないのはダメですが、それ以上探しても答えが見つからないと分かっているのに探すのは時間の無駄ですから、「分かる」「分からない」の堂々巡りに陥る前に「すみません」と伊地知さんに声をかけさせていただくようにしています。訊かれる方は迷惑かもしれませんが、いつか自分も質問される側になって、恩返ししたいと考えています。

妹のチャリで通ってます

自宅の近所で大きなプロジェクトに携われる幸せ

現在取り組んでいるプロジェクトは、某大手鉄道会社の気象災害対応システムで、作業員が携帯端末で操作できるよう機能追加を行っています。スマホやタブレットで各路線の規制情報や司令部への報告ができるようにするもので、作業の効率化や安全性のさらなる向上が可能になります。

一輌編成の日南線を見慣れた自分が、都会の複雑な電車の安全運行に一役買っていると思うと、お〜という感慨があります。桜ヶ丘の自宅から妹の自転車で約5分。そんな身近な場所で、こうして意義深い仕事に携われる。普段は忘れていますが、自転車で風を切って坂道を下ってきて、踏切を渡る時なんかにふと思い出してニヤニヤしています。

将来的にやってみたいと思っているのはIoTの開発です。農業など幅広い分野で急速に世の中に浸透していますが、人手不足の日南などでも大きな役割を果たせるのではと期待しています。自分の価値基準は「かっこいいか」どうかなので、IT業界でバリバリ働くかっこいい人になりたいです。社長をはじめ社内にたくさんお手本がいますので、皆さんの背中を見て、それを追いかけて、自分で「俺かっこいい」とか思うのは嫌ですから、コードを打っている自分の姿とか、自分が書いたコードを見て、誰かにそう思ってもらえるようになりたいですね。

初心者でも大丈夫。成長を実感できる温かい環境。

さすが東京のIT企業というか、便利なルールがたくさんあってとても働きやすいです。例えば、10時出社が基本ですが、8時から11時まで、自分の都合に合わせて好きな時間に出社時刻を変更できます。特に許可も必要なくて、slackという社内コミュニケーションツールで前日までに宣言するだけです。自分次第で早く来て早く帰ることもできるので、退社後の時間を有意義に使うこともできます。

おかげさまで、先日彼女と結婚しました。仕事にもさらに熱が入ってます。経験を積んで力をつけて、会社にとっても地域にとっても役に立つ人間になりたいです。もちろんお金も貯めて、温かい家庭を作ります。社内には子育て中の社員も多く、時間の融通も利くので、働くスタイルも人それぞれ、両立できる環境です。

自分がそうだったように、丁寧な研修によって十分力をつけてから実務に入れるので、この仕事が好きであれば、初心者でも問題ありません。わからないことは質問すれば丁寧に教えてもらえます。安心して飛び込んできてください。成長を実感できる環境で、一緒に大きな仕事をしましょう。自分もまだまだ未熟ですが、いずれはプロジェクトの重要な役割を担えるように成長していきたいです。

ENTRY

OTHER HISTORY