ENTRY
HISTORY

お客様のニーズに応えられるエンジニアに

YOSHIGAI TAKUMA

5年間勤めたSE会社から満を辞して転職

2019年4月なので、オフィス開設からちょうど1年後の入社ということになります。少し出遅れた感はありますが、様子を見ていたというのが正直なところです。

それまで5年間、地元のSIer系の会社でSEをしていました。.NET系のWindowsアプリケーションがメインです。前職に不満があったわけではありませんが、もともとWeb系の仕事をやりたいという思いが強く、2018年にオフィスを構えたサックルに満を辞して入社したという次第です。

.NET系の経験も、プログラマーとしての考え方は基本的には変わらないと思います。全般的な設計や製造の基礎知識は持ち合わせていましたので、比較的スムーズに実務に入れたとは思います。とはいえ、やはりサックルでは、前職に比べてかなり規模の大きなシステムに関わりますので、その中での設計やシステム運用の考え方を日々勉強させてもらってます。

フラットで明るい職場環境

入社してまず思ったのは、皆さん漏れなく同じ感想でしょうが、やはりオフィスがきれいだということです。宇宙っぽい仕掛けも遊び心があって楽しいです。フリーアドレスで好きな場所に座って仕事ができるので、座る場所によって新たな発見があったりします。それをメンバーと共有するのがちょっとした楽しみになっています。

仕事中は邪魔にならない程度にラジオをかけていますが、音楽を聴きながら仕事をしたい派なので、これもありがたいです。後発組でも選曲権は平等に与えられていますし(笑)

鹿児島は、メンバーがとても若いので、同世代ということで話がしやすくコミュニケーションも取りやすいです。もちろん皆さんエンジニアなので、若いからといってチャカついた雰囲気は一切ありません。日南のように年齢高め・実績十分の方が入って来られても、昔からそこにいた人みたいにすんなり馴染めること思います。

会社自体もフラットでモノを言いやすい環境で、人間関係で悩むことはなさそうです。不要な縦関係もなく、「社長と仲間たち」といった感じなので、気を使うこともありません。そもそも社長がとても気さくで話しやすい人なのでそこは安心材料です。

適度・適当

良い意味で適当でいようと

エンジニアとしてだけでなく、いろいろなことに関して良い意味で「適度・適当」でいたいと思っています。鹿児島で言う「ずっさらし」とは違います。良い意味での適当です。たとえばうまく息を抜けるとか、前のめりになりすぎて全体が見えなくならないとか、そんなイメージです。

入社後しばらく研修を受けてから実務に入りました。現在は業務で車を使用する企業向けの車両管理システムの改修に携わっています。設計と製造を担当しています。

設計では、クライアントの要望から実際の改修内容を検討し、新規機能の設計を行います。製造では、設計から作成した設計書を基にプログラムを製造していきます。非常に大きなシステムなので気を使いますが、それだけにやりがいも大きいです。

言語はRuby on Railsを使っています。やりたかった言語なので毎日充実しています。好きな言語、やりたい分野をどんどん伸ばせる環境ですし、そうすることでさらに自分のやりたい仕事をできるようになるはずです。

クライアントの要求に応えられるエンジニア

地元鹿児島でこうしてやりがいのある仕事ができるというのはありがたいですね。頑張った分だけ自分に返ってくるのでモチベーションも保てます。

自分で考える力とか主体性を求められる会社なので、自発的に仕事に取り組める「大人」のエンジニアが求められると思います。年齢とか経験に関係なく、指示を待つだけではない人の方が、会社との相性も良いと思います。

今後の自分の目標としては、クライアント相手の仕事ですから、お客様の要望や考え方をしっかり理解して、それにシステムとして正しく応えられる、回答を導けるエンジニアになりたいです。そのためにはさらに数多くの業種・業態の案件を経験して、引き出しを増やし、幅広い考え方ができるようになりたいです。

システムエンジニアは決して楽な仕事ではありません。簡単なものでもありません。しかしそれだけに大きなやりがいを得られる仕事でもあります。初心者の方でも経験者の方でも、仕事に価値を求めたい方と、ぜひ一緒に仕事をしたいですね。

ENTRY

OTHER HISTORY