ENTRY
HISTORY

エンジニアとして求めていたもの

IMABEPPU SYOU

コワーキングスペースでの面接

2018年4月、サックル鹿児島オフィスの初代メンバーとして入社しました。まだオフィスが工事中で、市内のコワーキングスペースで面接していただいたのを覚えています。

それまでSIerとして設計、導入、保守業務に携わっていましたが、枯れた技術環境に縛られていた為、エンジニアとしてこのままでいいのかと悩んでいました。もう一度東京でチャレンジしてもいいかなと思い始めた矢先にサックルの存在を知りました。

面接で代表の話をうかがい、自分が求めていたもの、エンジニアとして求めているものがここにあると感じました。強く求めていたからこそ、それがあるという確かな手応えがありました。

入社してまず感じたのは、当たり前ですがオフィスがきれいなこと。鹿児島ということで宇宙をモチーフにしたモノトーンで統一されていますが、自分に合っていると感じます。

空間的にも仕事に集中できる環境ですし、創りたいものを創れる環境に自分を置ける、これが一番難しいことですけど、風通しの良い会社なので自分次第でそれができることもこの1年半で実感しました。地元にいながらこういう環境で仕事ができるのは本当にありがたいです。

クライアントワークの面白さ

入社以来これまでに携わったものだけでも、スクール運用管理システム、店舗客注システム、住宅管理システムがあります。製造やテストに加え、設計・運用・保守の各フェーズを担当しています。同じことの繰り返しは性に合わないので、変化のある仕事が楽しいですし、毎日が刺激の連続です。

サックルは、クライアントワークがメインですが、よくある開発会社のように工程の一部分だけをひたすらやるのではなく、設計段階からトータルでプロジェクトに関わることができます。それだけ多くのことを経験して学べますし、それぞれの業界について詳しく知ることもできます。そうした知見はエンジニアとして糧になります。

自分が思うエンジニアの魅力は、気になる技術や疑問は誰に頼まれなくてもとりあえず自分で作れる、というところです。自分で何かを創りたい、創るのが好きだという人には向いている仕事だと思います。自分でやってみることで技術が得られ、それが仕事にも活かされます。

社内には技術的に優れた人や最新の知識を貪欲に吸収している人が多く、そうした人たちと知識や技術や共有し、切磋琢磨してともに成長していける、個人としてもメリットの多い職場です。

Just Do it

若いメンバーでこれから作り上げていく

東京、仙台、日南と拠点によって特色がありますが、鹿児島オフィスは平均年齢が20代半ばととても若いです。もちろんエンジニアの性質上、オフィスはとても静かで清潔、雰囲気も落ち着いています。自分の世界に没頭して仕事ができます。

同期で入った初期メンバーと後から加わったメンバー、現在6名が在籍しています。入社後それぞれのレベルに応じて研修を受け、それぞれのタイミングで実務に入りました。実務に入ってからも、調べて分かることであれば自分で調べられますし、それでも分からないことはプロジェクトの先輩に教えてもらえます。「初心者でも大丈夫?」、「不安はない?」とよく訊かれますが、不安を感じる暇もないほど毎日が学びの連続です。

鹿児島オフィスは未経験者も多く、開設から2年目ということもあってまだまだこれからで、個々のスキルアップが求められる段階です。仕事は皆まじめですが、飲み会なんかも折々にやっていて、そういうときはやはり盛り上がりますね。若いオフィスを若いメンバーで盛り立てていきたいです。

未経験者もそうですが、鹿児島で現にエンジニアをされていて、今の仕事に満足できていない方も、本当に面白い仕事がここにありますので、ぜひ一度話をしにきてください。

エンジニアとして自走できる環境を

鹿児島オフィスでは、経験者はもちろん未経験者も歓迎しています。サックルは、子供や社会人向けのプログラミングスクールも運営しており、育てるノウハウを持っています。習熟度によって研修内容も異なりますが、基本はエンジニアとして自走できるキッカケを提供することです。

どういう人がエンジニアに向いているか。これもよく質問されますが、考えることが好きな人だと思います。好き嫌いがはっきり出ますし、それは正直やってみないと分からない部分もあります。独学などで基本的なことを理解し、「好きだ」と思えるかどうかで判断するといいのかもしれません。やはり好きな人ほど伸びると思います。

中途の人は、まずは自分の理想と現実にしっかりと向き合って、そのギャップを見極めることだと思います。それを埋める為にどうすれば良いかの選択肢の中でサックルを選んでいただけたら、これほど嬉しいことはありません。

いきなり判断するのはむずかしいでしょうから、まずは気軽にオフィス訪問などで来ていただけたらと思います。実際にオフィスの様子を見ていただいて、メンバーが働いている姿を見て、興味を持てるかどうかですね。その上で、どういうことをやりたいか、あなたの思いを聞かせてください。

ENTRY

OTHER HISTORY