デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

Web集客の費用対効果を考える時の注意点

2019/11/21

Web集客の費用対効果を考える時の注意点

Web集客は自社でホームページを構築し運営、またはSNSによる発信であれば安く済むだろうと安易に考えてしまうと思わぬコストに驚きます。

今回はWeb集客の費用対効果を考える時の注意点についてご説明します。

Web集客は決して安上がりではない

Web集客のイメージとして、例えば自社のホームページやブログ、ショッピングサイトを構築して運営することなどが考えられるでしょう。

業種や業界によっては自社サイトをメディアのように構築してコンテンツマーケティングを展開することも少なくありません。

では、自社のホームページは誰が作るのでしょう?ブログやショッピングサイトを作る技術はありますか?

もし、ホームページを作る技術がなければ、外注するかWeb制作できる人材を雇入れる必要があります。

そもそもホームページはある意味会社の顔ですから、それなりのクオリティがなければ企業ブランドとしての価値を損ねる可能性もあるので、勉強しながら構築しよう!という形では無理があります。

まずは自社のホームページの構築にはそれなりの費用が発生することを覚えておきましょう。

同時に運営、維持するためにも人的なコストが必要であることも忘れないでください。

検索結果からの自然流入には知識や経験だけでなく「時間」が必要

ただ単に自社ホームページを作っただけでは検索結果からの自然流入は増えません。

Webマーケティングにおける知識や経験を持つ人材が必要ですし、長期的に雇っておく必要もあります。

最初の段階ではコストにあった費用対効果を感じにくいこともあり、どんなに工夫してもアクセスが増えないと悩むことも考えられます。

自社ホームページを作った。担当者も配置した。でも、数ヶ月もの間売上に影響を与えていないという状況に陥ることも想定しておきましょう。

そもそも、いきなり費用に見合った効果が出るものではなく、長期的に伸ばしていくこと、長期的に運営維持することを前提として考えることが大切です。

GoogleやTwitterなどの有料広告も視野に

なるべくコストを低く抑えたいと考えている場合、自社ホームページによるWeb集客のみに関心が向かいがちです。

自社ホームページによるWeb集客だけでなく、GoogleやTwitterなどのSNS、その他Webメディア媒体へ広告を出すこともWeb集客であることを忘れてはいけません。

特に自社ホームページを開設して間もないころですとアクセスも見込めず、商品やサービスを認知してもらえないことから、売上に繋がらないまま費用負担が発生するのでネガティブになってしまいます。すなわち費用対効果的にはマイナスだということです。

既存のSNSやWebメディアであればある程度のアクセスが見込めるので、早い段階から不特定多数、またはペルソナやターゲットに応じてリーチさせることができます。

特にSNSによる情報拡散は非常にスピードが早いので、あまり狙いすぎるのはおすすめできませんが、各種SNSで公式アカウントを作成し積極的、戦略的にWeb集客のツールとして使いこなしましょう。

最初の段階から自社ホームページに頼るのではなく、他社のメディアやSNSに広告を出しておくことで、認知してもらえるスピードが早くなります。

広告費用を抑えたい気持ちはわかりますが、売上までの流れを作るためにも有料広告の利用を視野にいれることをおすすめします。

参考:ツイッターのビジネス活用を成功に導くヒント 継続はツィからなり!

広告費用による負担が売上や利益を圧迫しないようにすること

Web集客における費用対効果を考える上で一番大切なのは、広告費用が企業としての大きな負担にならないようにすることです。

例えば有料広告、または自社ホームページやSNSによる情報発信など月々発生する広告費用が売上よりも多ければ、企業として成り立たないことになります。

また、広告効果が薄いまま広告を出し続ければ、企業やブランドとしての認知が遅れたまま、商品の購入や有料サービスの利用に繋がらず、結果としてビジネスから撤退することを考えざるを得なくなります。

同時にWeb集客における費用対効果は「コストを抑えること」も大切ですが「集客から売上に繋がること」がより重要です。

はっきりと言えば、早い段階でGoogleやTwitter、Facebook、他社のメディア広告枠、SNSによるシェアや情報拡散によって「知って」もらい「買って」もらうことに注力するのがおすすめです。

企業やブランドとして、または商品やサービスの存在をいち早く認知してもらうことが最重要課題であると意識してみてください。

自社のホームページやショッピングサイト、自社ブログによる自然流入も増やしながら、SNSによる情報発信についても平行して進めることも大切です。

まとめ

Web集客でコストを抑えて売上を増やそうとすることは決して間違っておりません。

しかし、安易な気持ちで安く済むだろうと考えてしまったり、少ない広告費用で大きな利益を得たいと考えてしまうと結果的に「安かろう悪かろう」になってしまい、企業としても商品やサービスの存在も知られないままになってしまいます。

知ってもらい買ってもらうためには「知って」もらうこと「認知」されることをしっかりと意識しましょう。

同時に商品やサービスの質を高めることも非常に大切です。知ってもらっても顧客が喜んだり、感動したりするものでなければ「買って」もらえないからです。

また、SNSやホームページの問い合わせなど、企業として顧客とコミュニケーションする部分でも手を抜かず丁寧に接することを忘れないようにしてください。

Web集客によって自社のホームページへのアクセスが増えて、結果的に売上に繋がるような流れになった段階で「Web集客は費用対効果に優れている」と実感することができます。

Web集客による費用対効果を考える時は、早い段階で最大限に認知してもらうことを意識すること、そして長い目で見て安定的に集客が見込める自社ホームページや自社ブログ、ショッピングサイトを運営できるノウハウを身につけることをおすすめします。

参考:Web集客のメリットやデメリットについて

成果報酬型の広告運用 手数料0円で集客を最大化

今日から始めるWeb広告。成果が出るまで費用はいただきません。

設計から運用、LP制作まで、web広告のプロが貴社の集客・売り上げを伸ばします。成果報酬型だから低予算でもすぐに始められる。成果を共有し、同じ目標を目指します。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。