フリーランスエンジニアに転身して後悔しないための対策 悪い見本も紹介

フリーランス フリーランスライフ

INDEX

フリーランスエンジニアになって自由な働き方を手に入れたいが、うまくやっていけるか不安になるのも無理はありません。

この記事では、フリーランスエンジニアに転身して後悔しないで済むために、典型的な後悔するパターンと、そうならないための対策を紹介します。

これからフリーランスになろうと思っている人、なってしまった人も、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスとは

フリーランスとは、企業や団体に所属せず、自らの専門知識やスキルを生かして仕事をし、報酬を得る人のことです。

フリーランスは、場所や時間に縛られない反面、自分の裁量で行わななければならないことが増える、という側面もあります。

皆さん気づいていないかもしれませんが、会社というのはいろいろなことを社員のためにしてくれています。給料が安い、と嘆く人も多いですが、社員が実際に手にするK金額より多くのお金を、会社は社員のために支払っています。

フリーランスになるということは、会社のそうした目に見えにくいバックアップを返上するということです。税金や保険のことも自分で考え、自分の口座から支払いをしていかなければなりません。

いきなり気の滅入る話をしていますが、実際そうなので、フリーランスになるからには、フリーランスになって自由な働き方を手に入れるからには、相応の苦労や努力が必要になることをまずは理解しておきましょう。

上司が嫌い、という方も多いでしょう。フリーランスになれば、嫌な上司もいなくなります。清々するー!といえるのは最初だけです。今後はあなた自身が、うるさい上司にかわって、楽をしたがる自分の尻を叩かねばなりません。指示されることもなくなりますので、自分で考え、自分の責任において行動を取る必要が出てきます。

フリーランスになっての後悔 その典型例とは

フリーランスになって後悔する、その後悔の具体例を見ていきましょう。

とにかく仕事が、収入が安定しない


会社員は、月給や年棒という形で、決められた日に定額の給与が口座に振り込まれます。一方フリーランスは、具体的な仕事の対価としてクライアントから報酬を得ます。したがって、コンスタントに仕事をしていればコンスタントに収入がありますが、何らかの事由で仕事が途絶えれば収入も絶たれます。

フリーランスになって後悔する一番の要因はこの「不安定な仕事・不安定な収入」ということになります。会社員を経験した人であれば、ああ、もう給料日か、スマホの通知を見てそう思った経験をお持ちの方も多いでしょう。やはり毎月決まった給料を得られるという心理的アドバンテージは大きいです。フリーランスの場合は、特に支払うべき固定費が多い人などは、今月は払えるか、という切実な焦燥感にかられることもあります。

自由とばかりも言い切れない


収入を安定させるためには仕事をしなければなりません。フリーランスエンジニアの場合、準委任契約というものがあります。これは、月の労働時間の下限上限を決めて、ひと月いくらという契約をします。準委任契約によって収入は安定しますが、期間はあるものの、場所や時間に縛りがあるものも多く、好きな時に、好きな場所で、というフリーランスエンジニアの理想形にはまだ少し距離があります。ひく手数多なエンジニアならともかく、多くの人はそこを乗り越えることで立派なフリーランスエンジニアへと成長を遂げるわけです。

請負契約を結べるようになれば一歩前進です。請負契約では、多くの場合その成果物に対して報酬が支払われます。たとえばプログラムを一本作って、それに対する報酬がいくら、というような契約です。こちらは、場所や時間の縛りも減り、己の裁量でかなり自由に働くことができます。

自分の負荷状況を見ながら複数の契約をとることも可能で、それにより収入を増やしていくこともできます。

自分で仕事を探すのが苦手な人は、フリーランスエージェントを活用するといいでしょう。優秀なエージェントを見つけるができれば、生活を安定させることができるようになるでしょう。

仕事が難しい


専門知識と高いスキルがあれば、仕事探しにそれほど苦労しないかもしれません。最新の高度な技術を習得していれば、案件はたくさんありますし、報酬も会社員とは比べ物にならないほど稼いでいる人もいます。

ただし、初心者や経験の浅いエンジニアが獲得できる仕事はそれほど多くありません。背伸びして仕事を請けたとしても、クライアントの要求に応えられず、挫折してしまうこともあります。

正直初心者は、エンジニア系のフリーランスは結構厳しいです。経験が浅いのであれば、まずは会社に入って、実務の中で経験とスキルを身に着け、余裕が出てきたら副業として案件にトライしてみると良いでしょう。

手続きや事務の負担も大きい


仕事をするためには、クライアントと契約を結ぶ必要があります。また、守秘義務を負うわけですので、秘密保持契約を結ばないといけない場合もあります。

成果物を納める場合は、どこまでが見積り範囲か見積り仕様を作成してクライアントと合意しておく必要があります。納品書や作業完了したときの完了報告、請求書作成など、本業以外の事務作業が結構負担になります。

労働時間が長くなってしまうことも


昔とは違い最近の会社員であれば、月あたりの上限の残業時間や一年間の残業時間の上限などの縛りがあります。働き方改革が定着して、エンジニアといえど帰れる時は極力早く帰ろうという流れになっています。

フリーランスの場合も、準委任契約であれば同じことが言えますが、請負契約では作業時間でなく成果物に対して報酬を得ることになるため、見積りや納期を見誤れば、労働時間を増やすことでしか対応できないことも当然出てきます。

単価の高い仕事が豊富あれば問題ないですが、そうも言っていられない人は、単価を低めに設定したり無理な納期の仕事を請けたり、ある程度時間を犠牲にしてやっていくしかない部分もあります。

支払いが遅い タイムラグが生じる


会社員であれば、15日締めの25日支払いや月末締めの翌月末払いなど、それほど時間をかけずに労働対価を得ることができます。しかしフリーランスの場合、契約に基づいた支払いとなり、振り込みが2ヶ月後になってしまうこともざらにあります。月末にあわてずに済むよう、余裕をもったキャッシュフローを組み立てるようにしましょう。

1人が好きな人でさえ孤独感にさいなまれることも


エンジニアは、どちらかといえば無口な人が多く、会社にいてもあまり雑談はしないという人が多いです。それでも「おはようございます」「おつかれさまでした」ぐらいの挨拶はするでしょう。

これがフリーランスで、しかも在宅ワーク、かつ1人暮らしであったりすると、気がつけば数日誰ともまともにしゃべっていない、というようなことも起こり得ます。1人が苦にならない人でも、さすがにこういう状態が長く続くと、徐々に孤独感にさいなまれるようになります。仕事のプレッシャーや生活のプレッシャーも重荷になります。

社会から孤立してしまわないよう、趣味や家族のつながりをしっかり意識しておくことが大切です。1人が好き、孤独が苦にならない、そういう人がフリーランスに向いているわけではないことを理解しておく必要があります。

フリーランスに向いている人とは

フリーランスになって後悔しない人とはどんな人でしょう。すなわちそれはフリーランスに向いている人だと言うことができます。見ていきましょう。

自己管理できる


これまで書いてきたことでもお分かりいただける通り、フリーランスとして仕事、場所を選ばず自由な働き方をするためには、自己管理が必須になります。それは仕事、生活、お金のすべてに言えることです。

新しい技術を学んだり習得したりするのが好き


特にエンジニアリング系のフリーランスでは、自己研鑽が必須です。

IT系の技術には流行があります。去年のスキルのままでは今年は仕事にありつけないということも普通にあります。常にアンテナを立てて、広い世界を見るように心がけ、どういった技術が注目されているを知り、貪欲に身につけるようにできる人がフリーランスに向いていると言えます。

最新の技術を習得していれば、競争相手も少なく、良い仕事を得やすくなりますし、クライアントやエージェントからも頼りにされるようになります。

営業力がある


フリーランスは自身の知識やスキルを提供するかわりに収入を得ます。仕事を安定的に続けていくためには、知識やスキルのアップデートも重要ですが、それと同じくらい、自身を売り込む営業力も必要です。

自分を売り込むのが苦手という人も多いですが、自分にはこういうことができて、こういうスキルがあり、これまでこういう案件に携わってきた、これからはこういう仕事をしていきたい、といった基本的な情報をしっかり伝えられるだけでも、それさえしない人との間では営業力に大きな差が出ます。口下手でも寡黙でも問題ありませんので、自分のことを適切に伝えるスキルを身につけましょう。

まとめ

特にエンジニアの場合を例に取りましたが、この記事では、フリーランスになって後悔するのはどういうことが多いか、後悔しないためにはどうすればいいかを解説してきました。

時間にも場所にも縛られない働き方は魅力がありますが、それを実現するにはスキルのアップデートと自己管理が重要になります。本文中でも触れましたが、経験が浅いうちは会社に入り、実務で揉まれつつ副業でトレーニングをし、ある程度見込みが立ったところでフリーランスに移行する方法をおすすめします。

後悔先に立たずと言いますので、くれぐれも焦りは禁物です。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

心を動かすプロモーション

戦略立案からユーザーの「好き」を引き出すクリエイティブ制作・実行まで

プロモーション戦略の立案・実行・運用・改善までワンストップで対応。
・マーケティング担当がいない
・既存サービス(商品)の販売が伸び悩んでいる
・新規サービスを早々に認知拡大したい
・現状の課題を適切に分析できていない
など、プロモーション施策への課題がある方はお問い合わせ下さい。課題を的確に捉えて、オウンドメディアや広告など最適な案をご提案いたします。

サックルのプロモーション戦略

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY